RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

3階大窓漏水対策の相談 ( クサイものには蓋をしろ?その2 )

三和建設より3階大窓からの漏水対策として、現状の防水コーキング内部に止水剤を注入し対策としたいとの連絡を受けました。

説明ではこの止水ケミカル剤はRC水漏れ対策でこれまでも多数実績があり十分信頼できるものとのこと。

しかし下記のことを質問しました。

 - こういう止水剤は恐らくコンクリートの打ち接ぎ部やヘヤークラックからの漏水補修が主な用途で今回のような防水コーキングの欠損からの漏水を修復するのは用途が違い水の浸入を食い止められないのではないか?
(コンクリート~コーキング~サッシアルミ~木枠間など異種物質間すべてを接着止水してしかも比較的広い空間を補完する止水剤はあまり聞いたことが無い。)

 - 確かに現状は内部は開口部隅のヘヤークラックからにじみ出ているが、外部からの水の浸入を防がなければ根本的な解決にはならないのではないか?
(恐らく侵入が続けば今度は木枠の取り付け面から漏れ出すと思う。)

近いうちに止水剤の説明に来てくれるとのことです。

(12/1 追記)先日 三和建設カスタマー課のYさんからTELあり、
「今回の止水ケミカル剤はあくまでも内部のヘアークラックを補修するためのもので、
防水コーキングは後日打ち直します」と言われました。
確かに外断熱パネルが接近していて施工しにくいが特殊なノズルを使いコーキングを打ち直すことは容易いとのことです。
(それなら最初からちゃんと打ってヨ、、心の声)

[PR]
by jojojojou | 2008-11-25 23:50 | 入居後にあった不具合 | Comments(6)
Commented by めこいす at 2008-11-28 19:22 x
漏水対策は難しいですね。
針穴からでもでてきますから。
当地では「台風による強風でとんでもないところから漏水する事がある」と聞いているので、開口部は二重にシールド予定です。
jojojou邸の漏水対策に万全策が見つかる事を願っています。
Commented by jojojojou at 2008-11-28 23:15
この3階大窓からの漏水はサッシを新換えした際のコーキング施工が下手だっただけです。
(しかも再度コーキングを打ち直すのは一大工事になるため本文のような対処療法のようなことになってます)
本当は未だ漏水の原因が解っていない2階ガラスブロック窓の探究を望んでいるのですが、、
外断熱工法はやっぱり少々高くても「乾式」ししておけば良かった。
最近後悔ばかり、、、、。
来週からブログの名前を「欠陥住宅愚連隊」に変えます。
Commented by itemaetaro at 2008-11-30 14:25
どうもです。

ここまで来たら、いっそのこと再度コーキングを打ち直した方が安全かも知れませんね。その場限りの止水剤では、ご懸念されている通り、このまま問題の先送りのような。。
とても他人事とは思えず、早期の問題解決を祈るばかりです。
Commented by jojojojou at 2008-12-01 10:36
itemaetaro さん お恥ずかしい限りです。
ただ外断熱RC+シミがすぐ出るオガファーザーの内装という1滴の雨漏れでも敏感に感知してしまうビルダーには酷な環境ではあります。
その結果、
2階大窓はサッシ自体の不具合、
3階大窓はコーキング施工不良、
2階ガラスブロック窓は未だ原因不明(外断熱パネルが影響か?)
とあらゆる原因の水漏れが発覚しております。
もちろん三和建設も初めての経験だそうです。
Commented by 札幌のK at 2008-12-01 12:58 x
お久しぶりです。
漏水チェックで忘れてる所有りませんか?
1、屋上の笠木の取り合い部分(外断熱パネルとの取り合いシール)
2、断熱パネルは、RCと一体打込みですよね?外部の外断パネルのつなぎ部分の取り合いシール
*外断パネルの連結部分の取り合いシールが切れるか、不十分の場合、そこから入った水が、RCとパネルの打込んだ弱い部分の隙間を水道にして、開口部分の上部にたどり着き、一端は、上に溜まり、あふれた分が下に流れてると推察されます。サッシを取替えようと、サッシ周りのシールを打ち替えようと、パネルつなぎシールが原因の場合は、何度やっても同じ結果で、水道が消えません。外部のパネル目地のシール点検をやるか、やらずとも、目地シールを打ち直した方が、早いと思います。外断パネルの漏水は、ビルの現場でも経験が有ります。内壁を剥がして、放水試験をした時、パネルの角部分より侵入を確認しました。パネル目地のシール切れでしたょ!サッシが疑われていましたが、サッシからの漏水は、ほとんどと言ってよいぐらい有りませんので~今迄の経験上ですが!
Commented by jojojojou at 2008-12-01 13:28
札幌のKさん ご助言ありがとうございます。
私もこの建物を建てるにあたり漏水のリスクを出来る限り回避する工法をチョイスしてきたつもりです。
例えば漏水の発生している部分の屋根構造は金属葺き屋根にして水が浸入する危険があるパラペットを廃していますし、
また時に漏水の原因にもなる断熱材の型枠同時打ち込みは止めて、開口部の防水工事が完了後に断熱材を貼り付ける「後張り」工法を採用しました。
これでも漏水を次々起こすのは運が悪かったのでしょう。
<< 高性能&低価格住宅 今年初めての寒波 >>


検索
最新の記事
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
都会で無人販売したい!
at 2017-02-18 12:43
美味しいチキンライス
at 2017-01-29 08:48
恐るべし臼杵!お魚食べ放題の店
at 2017-01-22 14:03
二十歳の君へ
at 2017-01-09 15:17
謹賀新年 2017
at 2017-01-04 13:51
電撃白浜への旅
at 2016-12-28 17:28
重曹痛快系
at 2016-12-26 11:02
白と黒のヒレ酒
at 2016-12-13 22:44
クリスマスイルミネーション ..
at 2016-11-26 21:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析