RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

カテゴリ:躯体工事( 16 )

ルーフバルコニー塗膜防水

三和建設の標準防水方式はコンクリートに特殊な添加剤を加えて躯体自体に防水性を持たせた「躯体防水」とさらに躯体表面に防水塗膜を塗る「塗膜防水」の豪華2段構えです。
塗膜の1層目のベースコートがルーフバルコニーに施工されました。
下写真は排水枡の部分です。
b0088521_1763755.jpg
すでに硬化していますが僅かに弾性があります。
防水塗装は私は一般の刷毛で塗るペイントをイメージしておりましたが、FRPをいれてかなり分厚い樹脂を塗りたくるかなり分厚いものです。

(塗膜防水の後にブロック状の外断熱パネルスタイロガードを施工します。
そのためにこの塗膜防水の溶剤の仕様は三和建設の標準品とは違うものかもしれません。
あしからず。)



立ち上がりの部分も施工されております。
b0088521_1784443.jpg
防水膜の膨れを防ぐ脱気は挿入しているFRPを伝って行くのでしょう。


RCの弱点はこの陸屋根構造の防水と思っています。
ルーフバルコニーにしたいがために2階屋根は(やむなく)陸屋根にしましたが、3階屋根は金属葺きの片流れ屋根にしております。
[PR]
by jojojojou | 2007-01-13 17:14 | 躯体工事 | Comments(0)

内部不陸の状況

下の写真は3階内部の壁です。
b0088521_8474237.jpg

素人には少し不陸(表面の凸凹)が大きいように思いましたが、
工業基準的にはまったく問題ないレベルです

下はまた別の部分ですが、、型枠が多少波打ったのでしょうか?全体的に見受けられます。
b0088521_8484374.jpg
この躯体内壁の平坦度は契約上まったく規定されておりませんし、構造上さほど重要視されません。


施主が関われるのは唯一壁紙を貼った後の仕上がりぐらいです。
[PR]
by jojojojou | 2006-12-26 08:46 | 躯体工事 | Comments(0)

左官屋さんはプロの味

今日は久しぶりに1日晴れて外壁の補修作業が再開されました。
下の写真が補修用モルタルNSゼロヨンを塗布して補修した壁面です。
b0088521_8362634.jpg
光沢があるところが打設素面、
やや曇ったところがグラインダーで削った部分、
湿って色が濃くなっている所がモルタルを塗った部分です。

肉眼でやっとわかる程の凹みにも施工されています。流石。

ただハンマードリルでガッポリ削った所や烈しいジャンカ部分は塗り厚さの関係上、数回に分けて施工されます。今日の段階ではまだ終わってませんでした。
[PR]
by jojojojou | 2006-12-15 22:25 | 躯体工事 | Comments(0)

更新遅れの理由(言い訳)

12月に入ってブログ更新の頻度が落ちました。
せっかく覗いていただいた皆様には本当に心苦しい思いです。

主たる原因はブログ主 jojojojouの怠慢にありますが、、
以下の事柄もちょっとは関係しております。(苦しい言い訳)

(言い訳 その1) 「12月の初めに建ててもらっている三和建設の社員旅行があってその間工事がストップした!」
社員全員でグアム旅行とのこと、いいなー。

(言い訳 その2) 「工事再開後、ずっと雨続きで外壁面のモルタル塗りの最終仕上げが出来なかった!」
3階部分の躯体不陸(凸凹)が他の階に比べてかなりひどく、その激しくはつられた姿はあまり積極的に公開すべきものではないと思えました。

b0088521_1711366.jpg
外断熱のパネルを貼るための補修ですが、普通の外装タイルを施工するにも支障があるのではないかと思えるぐらいでした。


(言い訳 その3) 「内部床面のレベリング(床面に薄くモルタルを打設してデコボコを埋める)工程が施工され建物の内部に入れなかった!」
建物全体がブルーシートで包まれました。(下写真は1階から上を見上げた所、、ウーん、絵にならない)

b0088521_1712957.jpg


入り口という入り口はそのシートでしっかりブロックされていて、カメラ小僧の施主は中を覗くことさえ出来ませんでした。


外壁面のモルタル仕上げが終われば外断熱工事が、また内部レベリングが終われば内装、サッシ工事が一気に始まると思われます。
更新も追って行きますのでどうぞまた覗いてやってください。
[PR]
by jojojojou | 2006-12-14 23:27 | 躯体工事 | Comments(0)

屋根工事

3階屋根の工事が進んでいます。
下はスカイモルの上に防水アスファルトシートを敷きこんだところです。
b0088521_23113524.jpg

次にガルバニウム板を敷いてほぼ完成。
b0088521_23174898.jpg

本当に簡単でしかも板厚が薄い!
0.5ミリぐらいしかないのでは??


下は「おまけ」です。
b0088521_2323622.jpg
1階南面の一番目立たない所に小さな外断熱パネルが取り付けてありました。
おそらく接着性能の確認かなにかで試験的に取り付けられているものと思われます。
それにしても凄まじい固着ぶりです。
少々蹴っ飛ばしてもビクともしません、、、
すみません、けっして蹴っ飛ばしておりません。
[PR]
by jojojojou | 2006-12-08 23:33 | 躯体工事 | Comments(2)

内部支柱が外されました。

2階及び3階の内部に林立していた支柱が外されました。
また2階、3階間の吹き抜けも蓋が取れていました。(下写真)
b0088521_8412161.jpg

内断熱RC-Zを契約寸前まで行きながら、
施工面積を5坪削り外断熱RCに変更しました。

狭さから来る圧迫感は上方向への開放感で緩和する設計ポリシーです。


下の写真は対面キッチンのキッチン部分に立ったときの目線です。
b0088521_8515194.jpg

現状は収納力を重視して対面キッチン上部に吊戸棚を付く様にしていますが、
今流行の吊戸棚が無い開放的な対面キッチンしするかどうか思案中です。


(狭いと問題の)3階部分です。
b0088521_8565279.jpg
傾斜天井が高い天井高さを生み圧迫感をある程度緩和しているのでは、、?
(だいぶひいき目で見て)
[PR]
by jojojojou | 2006-11-29 09:00 | 躯体工事 | Comments(6)

上棟式

上棟式が行われました。
b0088521_15104161.jpg
木造の場合棟が上がったお祝いに、餅をまいたり宴会をしたり盛大にしますが、RCの場合建物の四隅と玄関にお酒と米と塩をまいて、これまでのお礼をして、皆でウーロン茶で乾杯をしてお開きになりました。

上棟式のあと妻が初めて3階に上がったのですが、開口一番 「狭すぎ!!」
ちょっとヘコみました。
[PR]
by jojojojou | 2006-11-25 12:33 | 躯体工事 | Comments(3)

躯体が出来上がりました。

3階部分の型枠が外されRC躯体が完成しました。
下写真は3階部分の南面で、手前がルーフバルコニーです。
b0088521_1213871.jpg
3階は子供部屋ですが、思っていたより小さくて見た感じ「ペントハウス」のようになってしまいました。
施工面積をケチったつけがこんなところに、、、(汗)

さすがに今回は目立ったジャンカは無くきれいです。
現場監督のAさん 「いい仕事してます」
b0088521_12122394.jpg

中も思ったより狭いです。
今はまだいい(小学生2年&4年)けど、ものごころついたころ必ず「狭い」と文句を言ってくるやろなー、、言い訳を考えとかないと。


25日にささやかながら上棟式をします。
[PR]
by jojojojou | 2006-11-22 12:12 | 躯体工事 | Comments(2)

旗が上がりました。

昨日まで工事現場の外側を囲むグリーンのネットは、強風で1部分がめくれてみすぼらしかったのですが、今日はその部分も直されれ更に今まで無かった「三和建設」の旗が掲げられました。b0088521_11555193.jpg
「RCの家」よりも「外断熱RCの家」にして欲しかったなー、ブログタイトルにも合うし、、、。

三和建設は建物の概観にある決まった型は無く、基本的に客の好み(&予算?)に合わせて自由に設計してくれます。あらためてこの会社の施工実績を見てみますとRCはオーソドックスなものが多いのに逆に木造住宅にRC以上にモダンなデザインの建物が多いのに驚かされます。
どうしても箱型が基準のRC-Z工法に見切りをつけ木造に変更される方もおられるのではないでしょうか?
お金をかけた宝塚のRC-Zモデルハウスはすっごくカッコイイけどその普及版ちょっとかっこわるい賛否が分かれるところ。
[PR]
by jojojojou | 2006-11-17 11:43 | 躯体工事 | Comments(0)

施工現場見学者用準備?

躯体工事が一段落したところで、今まで建築資材や用具で騒然としていた現場がある程度片付けられていました。
また玄関わきなどにあった目立つジャンカも部分的に補修されています。
下の写真は2階ランドリースペース窓で窓枠下部に空間があったのが補修済み。
b0088521_18171515.jpg

しかし足場を伝って行かなければ確認できない殆どのジャンカはそのままです。
現場監督Aさんいわく、「ジャンカ等の表面補修は3階の状態を確認してから専門の業者を入れて集中的に施工します、今応急的に直すよりずっと結果が良いです」とのこと。 納得。
[PR]
by jojojojou | 2006-11-12 18:35 | 躯体工事 | Comments(0)


検索
最新の記事
自宅をWi-Fiで塗りつぶそう
at 2017-07-09 23:15
タマリュウが大変なことに、、
at 2017-07-01 11:47
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
都会で無人販売したい!
at 2017-02-18 12:43
美味しいチキンライス
at 2017-01-29 08:48
恐るべし臼杵!お魚食べ放題の店
at 2017-01-22 14:03
二十歳の君へ
at 2017-01-09 15:17
謹賀新年 2017
at 2017-01-04 13:51
電撃白浜への旅
at 2016-12-28 17:28
重曹痛快系
at 2016-12-26 11:02
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析