RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

カテゴリ:入居後にあった不具合( 60 )

ステップコンテナの車輪、その後

b0088521_1713141.jpg

クリナップのアフターサービスの方が来てくれました。
向かって左が破損した車輪、右が新品の車輪。明らかにタイプが違います。
b0088521_17153014.jpg
意地悪な技術者目線で今回気付いた事は、メジャーブランドのクリナップのエンジニアも均一なサービスではないということです。
この食器棚の据付もクリナップの正規の技師によるものですが、コンテナのレベル調整を車輪の取り付け部に木片を挿入して行っていました。
しかし今日派遣された技師はその木片を取り払い、食器棚本体側のレール取り付けを再調整して行っておりました。
(まあ、結果は一緒なんですがね、、しかし恐らくクリナップのマニュアルは後者の方でしょう?)
[PR]
by jojojojou | 2010-06-05 17:15 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

ステップコンテナの車輪

b0088521_16331147.jpg妻は背が低い人です。
ですから採用したクリナップ製食器棚の「ステップコンテナ」には大変感謝しております。
b0088521_1635617.jpg

しかしある日「コロン」とゴム製の物体がコンテナの下部から出てきました。

「何やこれ??」
b0088521_16373941.jpg

どうもコンテナの車輪が真っ二つに割れてしまったようです。
購入先のプログレス経由でクリナップに連絡してもらったところ、同様の不具合が他でも発生しているようで、、
壊れた車輪だけではなくすべての車輪をもっと剛性を高めた車輪に交換してくれるとの事。
クリナップ製ステップコンテナをお使いの方は要チェックです。
[PR]
by jojojojou | 2010-05-31 16:39 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

DIYは楽し!?

外断熱RCの特長の一つに空調されていない小部屋でも温度差が出来難いというものがあります。
実際うちの場合でも換気系統では別区分であるトイレや洗面、風呂場はたとえドアが閉まっていても出入りした時温度差はまったく感じません。
しかし唯一玄関に隣接したシューズインクローゼットは冬場中に入ると少しヒヤッとします。
「建物の一番隅の部分でしかも狭いスペースの割りに内部にあるガラスブロック窓が大きく熱損失が大きいのかなー」とあまりその原因は深く追求していなかったのですが、b0088521_1615474.jpg

前回の「気密と熱量損失」を書いてからは、
「もしかして設置している除湿機「ダイキン製ルームドライヤー」の排気管のダンパーが故障して開きっぱなしになり気密が保たれていないのではないか?」と疑いを持ち始めるようになりました。
そこでこの除湿機の排気管に付くダンパーを点検してみました。
するとダンパー(下写真中の薄く透明なプラスティック板)はしっかりと動作して気密を保っているようですが、、b0088521_1672928.jpg

なんと除湿機排気管と躯体を貫くスリーブの間のシールがなにも施工されていないことが発覚しました。

オイオイ、、これは寒いわけや。
この除湿機は元々施主支給品で取り付けはこの建物の建築時、電気の職人さんがサービスで付けてくれたものです。
電気の職人さんは腕も確かで建築中は難しい局面を何回も助けてもらった方です。
恐らくパテを打ち忘れたのでしょう。
それよりこれぐらいは私自身がするべきでした(嫌いじゃないし、)。b0088521_16301822.jpg
最近は業者が使うような資材も近くのホームセンターで容易に入手出来ます。
早速買ってきたのが、
エアコン配管用パテ、発泡ウレタン、雨処理用にコーキング材。
スプレー式の発泡ウレタンは初めて使います。
建物内部側をパテでシールした後、排気管とスリーブの隙間に発泡ウレタン材をシュート!b0088521_16501115.jpg

ジョワワワワ~




「ふ! 今日はこれぐらいにしといたろ!」
スプレー缶から放出されたウレタン原液は直後発泡して数倍に膨れだします。
想定外に溢れ出した泡の塊を急いで手で払いダンパーや壁面を守ろうとしましたが、乾燥していない発泡ウレタンは糊のようにベタベタあちこちにくっつき汚しまくり大変な騒動でした。
あとから気付いたのですが糊のように厄介な乾燥前の発泡ウレタンも1時間もすればすっかり硬化して手で簡単に除去できます。とほほ、
[PR]
by jojojojou | 2010-01-27 16:02 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

素早い対応

台風18号の暴風雨の影響で3階北側の窓取り付け部分に埋め込まれた水抜きパイプから雨水が逆流して内部に漏水したということを先日書きました。
<関連記事>
 台風18号の被害 (2009/10/12)

その後三和建設カスタマー部 Yさんからその対策として水抜きパイプの出口にカバーを追加してより雨水が逆流しにくくしてくれるとの連絡を受け、先日施工していただきました。
b0088521_110171.jpg

[PR]
by jojojojou | 2009-10-22 11:00 | 入居後にあった不具合 | Comments(4)

ストリップ階段の異音


以前3階の階段踏み板から異音が発生したとき来ていただいたテクニシャンに再び来ていただきました。
というのも今度は1階から2階へ上がる階段のストリップ構造(蹴上板が無く下が見える階段)になった踏み板からの異音が急に大きくなったからです。

異音がどういう風かと申しますと、、ストリップ構造の踏み板は全部で6段あるのですが、その段を上がるときも降りるときも全段踏んだときに「バキッ」とかなり大きな音が発生します。
それはメタボの私でも、1番体重が軽い次男でも同じです。
それまでは鳴っても「ミシッ」というぐらいで、しかも鳴る段と鳴らない段があったり許容できたのですが、
この夏の終わりごろからはすべての段で「バキッ!」「バキッ!」「バキッ!」と豪快な異音が発生し始めました。
夜などは1階で寝ている家人を起さない様にまるで忍者のように降りなければなりません。
その現象を三和建設のカスタマー部のYさんにもご確認いただき「やっぱりおかしい」と言うことで例のテクニシャンに再びご登場を願った訳です。

しかしいざテクニシャンに来ていただいた時には不思議と「バキッ!」という異音はなりを潜めて
「ミシッ!、ミシッ!、ミシッ!」というぐらいの状況に症状が改善していました。(上の動画の状態です)

テクニシャン曰く
 - ここ数日雨の日が続き湿度が多少上がったため症状が改善されたのではないか?
 - 湿度の影響はもちろん踏み板など木製品にも作用するが症状から取り付け部分に使っている木工ボンドが劣化して音を出している可能性がある。
 - 補強の為に木工ボンドを使う場合が多いが劣化したときに異音の発生源になりえるため最近ではあまり使われていない
とのこと。

現状ではハッキリとした異音の発生部分と原因が分からないため、後日また乾燥して「バキッ!」という音が全段に出だしたら再び診てもらうということになりました。
[PR]
by jojojojou | 2009-10-08 10:13 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

オガファーザーはセンシティブ

以前3階天井中央部分の壁紙にズバッと1本亀裂が入り直してもらったという経緯がありました。

 オガファーザーのヒビ (2007/06/13)
 不具合処理  補修工事 その1 (2007/10/09)

この亀裂の原因は断熱材のESPボードと下地処理の石膏ボードの合わせ面が偶然重なったことで発生していました。
その対策として石膏ボードの合わせ面に弾性のあるコーキングを打ち込むことで合わせ面に発生する動きをより滑らかにして壁紙が割れるのを防止しようとしたのですが、、、。

オガファーザーは我々の想像を越えて敏感でした。
b0088521_169635.jpg
この対策では十分ではなかったようで、
前回とまったく同じところに、同じような亀裂が発生してしまいました。
b0088521_16144454.jpg

次の対策は現状の天井面全面に薄い下地用のボードを張り直しました。
これで敏感なオガファーザーを押さえ込めそうです。
b0088521_16214161.jpg

オガファーザーを貼り終えたところです。

折角ですからこの天井面の色を変えてもらおうかと思っております。
[PR]
by jojojojou | 2009-06-03 16:09 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

開口部隅のクラック補修

先の外断熱パネルのコーキング補修と平行して漏水が発生した2階ガラスブロック窓の開口部貫通クラックの補修も同時に行われました。

RCの建物にクラックは当たり前に発生します。
それはコンクリートという素材が硬化するメカニズムに起因するのですが、
うちの場合はちょっとクラックが深刻な感じです。
ほとんどの開口部の四隅に極微細なクラックが認められます。(外断熱ですから躯体が良く見える)

まあ微細なヘアークラックは有害ではないのですが、今回の2階ガラスブロック窓で発覚した漏水を起こすような躯体を貫通したクラックは内部の鉄筋を錆びさせ著しく寿命を短くするため早急に補修する必要があります。

補修には一般的にクラック部分にエポキシ樹脂を圧入させます。
今回 コニシのボンドシリンダー工法という工法でした。b0088521_120327.jpg 




まずクラックに沿ってV字型の溝を掘ります。
b0088521_1202615.jpg


つぎにエポキシ樹脂が外に漏れないように専用のシール剤を注入シリンダーを取り付ける座金と共に塗布します。


b0088521_1205278.jpg

シール剤はものの1時間余りで硬化しますので、早速エポキシを注入させるシリンダーを取り付け注入開始です。
内部に装着しているバネが低圧で時間を掛けてゆっくりエポキシを注入させる役目を負っています。
b0088521_121341.jpg注入は一晩ぐらい掛かるのかと思いきや、約15分で全量注入完了!

もうちょっとシリンダーの取り付けをクラックの先端方向に寄せた方が良かったのでは、、?
クラックの付け根部分ではエポキシの大半が抵抗が少ない窓枠側に流れ出る可能性があります。
b0088521_1211680.jpg

翌日シール剤を剥ぎ取ります。
b0088521_1212690.jpg

確かに透明のエポキシ層が見て取れます。

[PR]
by jojojojou | 2009-04-14 11:48 | 入居後にあった不具合 | Comments(4)

外断熱パネルコーキング打ち換え

2階ガラスブロック窓開口部からの漏水対策の一環で、雨水がパネルの裏側に入る経路を断つため
流入が考えられる部分の外断熱パネルの盤間のコーキングをやりかえることになりました。b0088521_10324180.jpg
コーキングなど湿式でのシールは確実性も耐久性もケミカル剤任せであること。

理想はパネルやサッシの端部にパッキンが組み込まれて乾式でシールできるようにならないか?

住宅も将来的には不可逆的なケミカル剤を減少させる方向にしていかないと、エコとはいえないと思います。
[PR]
by jojojojou | 2009-04-11 10:34 | 入居後にあった不具合 | Comments(2)

閂 (かんぬき)

うちの玄関ドアの鍵は電動で開け閉めできる「電気錠」をつけているのですが、
その開閉動作が下側の鍵のみ先月の終わりぐらいから急に硬くなってしまいました。
上の鍵、次に下の鍵とそれぞれモーターの力でサムターンを回すのですが、
上の鍵はスムーズに「ジー、カチッ」と動くのに下の鍵は「ギッ、ギッ、ギッ、カチッ」と
今にもモーターが焼け切れそうな音がします。

そこで三和建設に相談して新日軽の方に着ていただきました。b0088521_8512062.jpg

見てもらったところ
電気錠システムには異常は無く、
鍵の動きが硬くなったのは鍵の閂(デットボルト)が入り込む穴(ストライク)の位置調整が上の鍵と下の鍵で微妙にずれていて、
片方の鍵を掛けるともう片方の鍵の閂と穴の位置がずれて擦れてしまっていたとのこと。

ストライクを留めている2箇所のネジを緩めて再調整、
ものの3分で調整終了。

どうもご足労願ってすみませんでした。
考察するに普通に使っていてはこんなことにはならないはずで、
おそらく手動錠しか持たせていない長男か次男が間違えて片方しか開錠していない状態で「ガンガン」無理やりにドアを開けようとしたのでは?と思っております。
以後こういうことが無いよう子供たちにも電気錠を支給できるように鍵の追加を検討したいと思います。

この電気錠の使い勝手もそうですし、サッシ類の鍵も含めて施錠した時に緑のポッチが表れて目視できるなど新日軽の鍵のデザインは使いやすくフレンドリーな配慮がなされています。
[PR]
by jojojojou | 2009-03-11 21:47 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

雨漏り考察

今日も午後4時ぐらいから少雨が降り出し、
先ほど漏えいがある2階ガラスブロック窓を確認したところ
やはり雨漏れが発生していました。
しかも開口部から大分離れた所から濡れ出しています。
(下記ピンクの部分から先に濡れています。)b0088521_21284798.jpg

どうも躯体に貫通したヘアークラックがあって
何らかの原因で外断熱パネルの裏に回り込んだ水分が染み出ているのではないかと思い始めました。

ヘアークラックが躯体を貫通しているとは俄かには信じられませんが、、
今までの現象がこれですべて辻褄が合います。
開口部のシールばかり目を奪われていましたが、RC湿式外断熱の毛細管現象が起因した雨漏れではないでしょうか?
外断熱パネルとRC躯体との間に入り込んだ水は毛細管現象で恐ろしく広範囲に広がりとんでもない所から雨漏れが発生するのではないか?
まず原則は「外断熱パネルの裏に水を入れない」です。
これは私のような後貼り工法でも型枠同時打ち込みでも湿式外断熱工法の共通する危険性で
以前コメントを寄せていただいた打ち込み外断熱工法のfumikiさんも同様の雨漏れを経験されております。
[PR]
by jojojojou | 2009-02-22 21:28 | 入居後にあった不具合 | Comments(7)


検索
最新の記事
人生は大球送りのようなもの。
at 2018-01-17 16:41
MDF(中密度繊維板)は水に弱い
at 2018-01-10 17:13
あけました2018
at 2018-01-06 14:07
太陽光発電パワーコンディショ..
at 2017-12-30 12:44
オーパバッテリー交換
at 2017-12-25 21:59
引き戸が重い
at 2017-12-23 11:23
太陽光発電故障
at 2017-12-23 10:49
列車とお客様とが接触
at 2017-12-12 08:14
宝くじ買う
at 2017-11-27 16:36
クリスマスイルミネーション ..
at 2017-11-26 17:48
玉ねぎ白ネギ化作戦
at 2017-11-16 21:12
ルーフバルコニー用デッキチェ..
at 2017-11-05 20:24
タマリュウ隆盛
at 2017-10-29 21:18
台風21号の爪痕
at 2017-10-23 22:32
床暖房の電源ON
at 2017-10-22 23:54
生物テロの攻撃を受ける その後
at 2017-10-07 16:14
生物テロの攻撃を受ける
at 2017-10-06 13:14
次は中国
at 2017-09-20 21:47
もしフィリピンに生まれていたら?
at 2017-09-04 17:30
8月最後の日、躯体冷却終了
at 2017-08-31 13:16
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析