RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新のコメント
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
jojojojou様 ..
by FSH at 18:23
ikenoさん 確かトヨ..
by jojojojou at 13:13
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

カテゴリ:入居後にあった不具合( 57 )

「漏水の謎」さらに深まる。

今日の午後、三和建設の方々が漏水があった2階ガラスブロック窓の調査に来てくれました。b0088521_22561432.jpg

いつもお世話になってるYさんです。

体格のいいYさん、、はしごが撓るゥー、、。

点検の結果、やはり外見上コーキングには問題はありません。
次にサッシの下部に付けている水切り板の上下のコーキングを剥いで中の状態を覗いてみました。b0088521_2343188.jpg

驚いた事に水切り板の上部も下面もカラカラに乾燥していて水が入った形跡がありませんでした。
もしもサッシの周りに施工されている仕上げコーキングに欠損があれば水切り板の上面に水があるはずですし、もし外断熱パネルの通気経路が水の通り道なら水切り板の下面が濡れていてもよさそうなものなのですが、、。
[PR]
by jojojojou | 2008-10-11 23:07 | 入居後にあった不具合 | Comments(4)

続、続 「漏水」のミステリー

明日ビルダーの三和建設が漏水の調査に来ていただけますが、
その前に自分でできる散水試験だけやりました。
b0088521_21344121.jpg
梯子の長さの関係上サッシの下面部分しか掛けれませんが、雨漏りが生じた時の雨量より何倍もの水量が掛っていると思います。
結果全く水漏れは発生しませんでした。
その後も下からジェット水流でサッシに水を掛けたのですがやはり水漏れは発生しませんでした。
これはfumikiさんからコメントでいただいた「外断熱パネル内部に水の通り道がある」証拠でしょうか??
[PR]
by jojojojou | 2008-10-10 21:41 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

続 「漏水」のミステリー

まさにミステリー!
謎がさらに深まってしまいました。

三和建設 カスタマー課の責任者Yさんと我が家の外断熱パネルメーカー谷水加工板工業の責任者Tさんから今回の漏水の事で電話でご意見を伺ったのですが、、。

谷水加工板工業 Tさん 
「jojojojouさまに納品させていただいている外断熱パネルは内部通気タイプで
不慮にパネル内に入る水分も外部に排出、乾燥させる機能を持つものです。
躯体開口部分の気流の流れも十分考慮されて加工しており、空気の流れが滞留して
結露を起こすのは考えにくいです。」
とのことでした。

確かにこの時期結露を誘発させるようなコールドスポットの存在は考えられません。
うーん、、わからん。

次に三和建設のYさん
「ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。 現在施工責任者と共に施工時の情報を集め
考えられる原因を模索中です。
とりあえず近日中に施工いたします3階大窓の交換工事時に何らかの調査、対策を施工いたします。」
とのことです。

どうも言葉のニュアンスから構造的なことが原因では無く施工のミスを疑っておられるようです、、。
しかし見たところ外観上雨水が入り込むような欠損は見られずコーキングも完璧に施工されているようなのですが、、、。
b0088521_2391255.jpg
左の写真は外断熱パネルの施工途中の写真です(2007年2月11日撮影)
足場の上から下を見下ろす方向で撮りました。

追記 10月5日 PM9時半現在少雨 やはり雨で漏れるのは確かのようです。b0088521_21493650.jpg
前回(9月21日AM9時頃)漏れたときの気象庁の神戸の記録を見ると
降雨量 7.5mm
北北東の風2.5m/s
そして今回は
降雨量 5.0mm
北東の風4.6m/s
降雨量は少しでも風向が問題だと判ります。

ここは早急に漏水の侵入ルートを捜索すべきでしょう。
  ① 新日軽のサッシの不具合→部材の問題→サッシの新換
  ② 防水コーキングの不具合→施工の問題→コーキングのやり直し
  ③ 外断熱パネル通気ルートからの漏水→設計の問題→設計の見直し、改造工事
(10/6 追記)

三和建設のYさんから電話があり
 10月11日に2階ガラスブロック窓の調査、
 10月27日に3階大窓の取り替え工事 との通知を受けました。
漏水の謎の核心へ近づけるかもしれません。また更新いたします。(10/7 追記)

[PR]
by jojojojou | 2008-09-30 23:08 | 入居後にあった不具合 | Comments(3)

「漏水」のミステリー

私が撮り溜めた施工当時の写真を引っ張り出して今回の漏水の謎に少しでも近づきたいと思います。

1枚目は2007年2月6日に撮影された外断熱パネルを施工する前の写真です。b0088521_21413366.jpg

今回漏水を起こしたサッシは外断熱パネルとは独立して防水コーキングを施工してあるのが分かります。
またサッシの下側には水切り板が設置されています。

2枚目の写真は2007年2月21日 外断熱パネルが施工され、さらに仕上げの防水コーキングが施工された後のものです。b0088521_2205520.jpg
サッシ下部と水切り板の間やサッシの周りにはさらにもう一重の厳重な防水シールがなされているのが分かります。
しかしここで重大なミスを犯しています。
 それは外断熱パネルの通気経路を仕上げ防水ライン内に取り込んでしまっていることです。

1枚目の写真の躯体とサッシ間の防水が完璧ならそれで問題ないのですが、もし僅かでも欠損があれば外断熱パネル内の湿気が室内側に結露となって噴出してしまう危険があります。
1枚目の写真の水切り板の取り付け部が怪しい感じがプンプンする。

 外断熱通気工法 TAKパネル 谷水加工板工業
[PR]
by jojojojou | 2008-09-25 21:59 | 入居後にあった不具合 | Comments(10)

久しぶりに家のこと

住宅ブログは一般的に住み始めてからの更新が建築中に比べてぐっと減ります。
やはり住み始めるとそれが当たり前のようになってしまって話題が乏しくなるためと思います。

しかし、うちの場合この建物は忘れた頃に新鮮な話題を提供してくれてありがたく思っております。

今度は2階のガラスブロックのサッシから雨漏りです。b0088521_13574149.jpg
以前連層窓からの雨漏りは現場で分解再組み立てをしたのが原因とのことでしたが、今回のガラスブロックサッシは一体ものです。
現状ではちょっと原因はわかりません。
一応三和建設には連絡しました。
案外旧RC-Zの開口部の防水性能はこの程度であって、たまたまうちの場合外断熱であるためちょっとの漏水でもすぐに発見できるのかもしれません。
想像するに内断熱だと躯体と断熱材の間に水が入り込んでしまい、表面には出てこないため今回のような少量の漏水は発見不能ではないかと思われます。 クワバラ クワバラ、、

 新日軽の方々が来られる
 2階リビングの大窓交換工事 その 1
 2階リビングの大窓交換工事 その 2
 2階リビングの大窓交換工事 その 3
[PR]
by jojojojou | 2008-09-21 13:59 | 入居後にあった不具合 | Comments(7)

新日軽の方々が来られる

うちの2階の大窓は雨漏れが発生したため新品に交換工事を施工していただきましたが、
どうも全く同じ状況である3階の大窓も雨漏れの兆候が見られたため三和建設にその旨を伝えていたところ、、
本日サッシメーカーの新日軽の方々が三和建設の方と共に説明に来ていただきました。
b0088521_16354711.jpg縦すべり窓のサンプルも持って来ていただき、設計の方から説明していただいたのですが、サッシの耐風圧性能も水密性能もサッシの扉の内外の定義であって、
うちのようにサッシ枠の外部に水漏れを起こすのはやはりサッシ枠の不具合とのことでした。
うちの場合この連装連段サッシは部材変更のため現場で分解再組立をしたのがどうも悪かったようです。

結局3階の大窓も2階と同じように工場で組み立てられた新品と取り換えとのことです。

なにより有意義だったのはサッシメーカーの生の声が聞けたことです。

建物の開口部の断熱性能の良し悪しの判断はサッシや窓ガラスに結露ができるできないぐらいしか言われませんが、それは本質を捉えていません。
それは絶対的なものではなく室内環境によって状況が変わるからです。

開口部の断熱性能の本当の重大性(開口部断熱性能≒ランニングコスト)を身にしみて理解できるのは、うちのように冬場に全館暖房をすれば一発です。

私は現状の(われわれ庶民が買える製品の)開口部の断熱性能はまだまだ十分ではないということを伝えました。
[PR]
by jojojojou | 2008-07-26 16:56 | 入居後にあった不具合 | Comments(3)

2階リビングの大窓交換工事 その 3

b0088521_6242117.jpg午後から新しいサッシを入れ込みましたが、交換前のサッシと1ミリの違いも無いまったく同じ寸法のサッシのため内側の木製窓枠はそのまま流用できます。
新日軽も三和建設もいい仕事してます。
b0088521_6244249.jpg
今回窓ガラスも新替えされたのですが、お願いして断熱性能がより良いアルゴンガス入りのLow-Eガラスにしていただきました。
星も数が3つから4つになりました。
[PR]
by jojojojou | 2008-05-13 16:11 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

2階リビングの大窓交換工事 その 2

工事2日目ガラス職人4名、サッシ職人3名が掛かります。b0088521_1237066.jpg


サッシを外したところ取り付け部の下面がうっすらと濡れていました。
やはりこの空間は水が入ると外に抜けないためいつまでも乾燥しないのかもしれません。
b0088521_1240683.jpg

11時にはサッシの取り外し完了。
躯体側のダメージも今のところ無いようです。
しかし天気予報は夕方には雨になっているため昼休みも30分で切り上げ急ぎます。
[PR]
by jojojojou | 2008-05-13 12:42 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

2階リビングの大窓交換工事 その 1

2階リビングの大窓の取り替え工事が始まりました。
b0088521_1434757.jpg

夏の豪雨の忘れ物
やっぱり漏れた、、。
サッシ水漏れ原因判る!
住みながらの内部工事は本当に負担が大きいです。
更にサッシの取り付け部分はモルタルで全て埋められ躯体と一体化しているため
対象の開口部を窓枠を残してグルリと削り取らなければならず大変な大工事です。
(サッシは外側から縫付けているだけで内部の躯体をハツル作業は不要でした。
RC-Z工法も基本的に同じです。
ただこれには取り外すサッシと寸部違わぬ交換用サッシを造る必要があります。5/13追記)

建物の寿命は長寿命化の方向で法改正されていますが、それに伴い当然施工されるパーツ交換やメンテナンスの容易さはまったく考慮されていないようです。

特にサッシは年々高性能化されていくべきパーツですので、少なくとも「削り作業」や「外部足場」無しで交換できるような設計に規格統一が図られると良いのですが、、。
現状のデザインは竣工後の交換は毛頭考慮されていないし事実上(膨大な工事になり)不可能です。
[PR]
by jojojojou | 2008-05-12 14:12 | 入居後にあった不具合 | Comments(4)

サッシ水漏れ原因判る!

2階北面の大窓からの雨漏りの原因が判りました。

それはサッシの骨格部分の縦枠と横枠をシールしているパッキンのひとつが駄目になっていて、
どうも現場でサッシを組み立てる際にダメージを受けたのではないかとのことでした。
[PR]
by jojojojou | 2007-11-25 23:12 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)


検索
最新の記事
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
都会で無人販売したい!
at 2017-02-18 12:43
美味しいチキンライス
at 2017-01-29 08:48
恐るべし臼杵!お魚食べ放題の店
at 2017-01-22 14:03
二十歳の君へ
at 2017-01-09 15:17
謹賀新年 2017
at 2017-01-04 13:51
電撃白浜への旅
at 2016-12-28 17:28
重曹痛快系
at 2016-12-26 11:02
白と黒のヒレ酒
at 2016-12-13 22:44
クリスマスイルミネーション ..
at 2016-11-26 21:00
風呂場換気扇からの異音
at 2016-11-23 13:17
ものぐさ分隊 玉ネギ苗 スカ..
at 2016-11-14 22:36
今迄の練習の成果が出せるか?
at 2016-11-07 21:31
木枯らし1号と床暖房スタンバイ
at 2016-10-31 08:36
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析