RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

カテゴリ:入居後にあった不具合( 57 )

不具合処理  補修工事 その3

今日は雨にもかかわらず、不具合処理、補修工事の3回目に来ていただきました。

不具合処理  補修工事 その1
不具合処理  補修工事 その2

3階天井の壁紙補修は仕上げ塗装です。 色合わせが難しいので補修部分のみではなく3階天井面全体を塗装する工事です。b0088521_1435283.jpg

この塗料はリボス社の自然塗料ですが、塗った直後は柑橘類の果実の様な匂いがきついです。
仕上がりが気がかりですがこちらはこれで補修完了です。

次に2階北面連双窓からの雨漏り対策ですが、サッシの下部にある排水口にL型のカバーを新たに取り付けました。
(向かって左側は取り付け前のオリジナルの排水口です。 風の進入を防ぐ為にフラップ扉を装備しています。
右側がL字型のカバーを付けたものです。 フラップ扉に外からの風圧が直接影響しないようにすることが狙いです。)
b0088521_1451599.jpg


確証のために再び外から射水試験を施行しました。 b0088521_14563835.jpg

最初連双サッシの内側を中心に掛けていて、まったく漏水は発生しなかったのですが、
サッシの外周を掛けるととたんに以前と同じように漏れ出しました。
少なくともL字カバーは効果が無かったようです。
原因探求の旅は続きます。
[PR]
by jojojojou | 2007-10-26 14:44 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

不具合処理  補修工事 その2

3階天井面壁紙のクラックおよび2階連双窓からの雨漏りという不具合に対するビルダー三和建設殿の補修工事の2回目を施工していただきました。

不具合処理  補修工事 その1

3階の壁紙クラックがあったところには新しい壁紙が貼られておりました。b0088521_7313493.jpg
乾燥後塗装にて仕上げられますが、色合わせが難しいため天井面の全面に塗装していただくとのことです。


2階連双窓からの雨漏り対策にはサッシの排水口に風圧を軽減させるカバーを取り付けていただきました。
こちらは後日確証のために再び散水試験を施行していただくとのこと、その時に触れたいと思います。

またこの度、結露が懸念されている洗面所、洗濯物乾燥室の天井裏に温度湿度計を設置していただきました。
(下写真は洗面所天井裏に設置した温度湿度計です。)
b0088521_22504815.jpg2階リビング 25.0℃ 60%のところ 洗面所天井裏も25.0℃ 59.5%でした。
まだ外気温がそれ程低くなく、躯体温度が影響を受けておらずまったく違いが出ておりませんでした。
11月半ばまで計測しますが、違いが出る外気温まで下がるか微妙なところです。
この補修工事は私が不在の時に施工していただいたのですが、大変残念なことに、来ていただいた三和建設の担当者の態度が悪く、 対応した家人は気分を悪くしたとのことです。
こういう些細なことで顧客の会社に対するイメージや好感度が変わってしまいます。
本当にちょっとしたことなのに真にもったいないことです。
[PR]
by jojojojou | 2007-10-19 23:43 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

不具合処理  補修工事 その1

多種多様な工程を経て造られ、あらゆる部材や製品の集合体である住居は
一回の引渡しのみでユーザーとビルダーとの関係が満了し縁が切れてしまうものではなく、
住み続けながら徐々に判明する不具合やトラブルをユーザーとビルダーが共同作業で解決していき、やがて完成するものだと思います。

御多分洩れず このjojojojou邸にもこれまでに、3階天井面壁紙のクラックおよび2階連双窓からの雨漏りという不具合が発生し
本日ビルダーの三和建設殿に補修に来ていただきました。
(これも完成へのワンステップ。 共にがんばりましょう!)

まず 連双窓の雨漏りについて、、
採用しているサッシは新日軽製「アルプラ クラスK3」です。
メーカー新日軽の見解は、「サッシ内部に溜まった雨水を外に排出する排水口が、外からの風圧を受けて十分に機能せず、サッシ内部に溜まる雨水の水圧が高くなり躯体側に漏水した」とのことです。
 しかし前回施行した射水テストでは下側の窓にいくら掛けても漏水せず、上側の窓に掛けたとたん一斉に漏れ出した説明はつかず、「やっぱり上側の窓から躯体に抜けるルートがあるのではないか」という疑惑がもちあがり、、、
b0088521_19192467.jpg
一同、窓の構造図面と、現物を隈なく探し、
「あーでもない」、
「こーでもない」と議論しましたが、、結局解からず。

対策は、新日軽が提唱した排水口対策(排水口に直接風圧が掛からないように、排水口の上に庇状のカバーを取り付け)のみ施工し再度射水テストをすることになりました。

3階天井の壁紙のクラックは、クラックの部分に丁度下地の石膏ボードと3階屋根を打ち込んだ際の打ち込み断熱材の継ぎ目が偶然重なったことが原因です。
b0088521_1920126.jpg
対策は石膏ボード裏に特殊な接着剤を注入し、ボードの動きを抑制すると共に、
継ぎ目にV字開先をを彫りそこに弾性パテを注入するとのことです。
jojojojou邸の完成はまだ先です。
[PR]
by jojojojou | 2007-10-09 18:33 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

やっぱり漏れた、、。

今日2階リビング北側の大窓からの漏水の原因を調査するため、三和建設のA監督とサッシメーカーの新日軽の方が来られました。
まず新日軽の方とサッシのパッキン類を一通り点検したのですが不具合は見られません。
次に窓を閉めた状態で外からホースで水を掛けて漏水するかどうか確認しました。b0088521_16174640.jpg
最初に上下連段窓の下側だけを中心に掛けましたがまったく漏水は見られませんでした。
「やっぱり(漏水を起こした)あの時の暴風雨が想定外に強かったのでしょう」と雑談をした後、

脚立の位置を変えて連段窓の上側の部分を掛けると(上の写真)じんわり窓枠の下側から漏水が始りました。b0088521_16313862.jpg
前の漏水よりも広範囲に漏れました。

散水試験後、暫くして現場責任者のYさんや、設計を担当していただいたTさんも心配して来ていただきました。 設計Tさんとは引渡し依頼の再会です。 現在三和建設で建設中のドライビット工法の外断熱RCの建物やRC-Zの新しい外断熱、「スーパー外断熱」について話しました。
残念ながら「スーパー外断熱」はまだ情報は部分的にしか公表されていないそうですが、なんと、いよいよハイパーヒーティングシステムの冷房版が実用化されそうとのことです。
早速私の家にも導入見積もりをお願いしました。

三和建設とRC-Zの名誉のために追記しますが、RC躯体とサッシ取り付け部分の防水は構造設計も、実際の施工状況も「これはもう漏れようがないなー」という布陣です。(前回本欄で躯体側を疑う記述がありましたことをお詫びいたします。)
A監督は、窓枠下辺の両端部から等しく漏水したことから「ほぼ(漏水の)原因はサッシ側」と考えておられたそうです。(9/1 追記)
[PR]
by jojojojou | 2007-08-31 16:31 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

夏の豪雨の忘れ物

昨夜未明に夏特有の凄まじい豪雨が振ったようです。
朝、2階リビング北面の大窓の下面左右から水が滲んだシミがあるのに気付きました。b0088521_15313659.jpg
jojojojou邸は外断熱RCですが、後貼り工法のためサッシ取り付け部分の防水構造は(内断熱)RC-Zと基本的に同じ構造の筈です。
開口部防水強度を確保する意味でも後貼り外断熱工法を選択したのですが、この漏水はちょっとショックです。
三和建設のA監督に連絡するとすぐに駆けつけてくれて確認してくれたのですが、サッシやコーキング類は外見上問題無く、31日にサッシ屋さんや専門家?に来て貰って再度調査をするとのことです。
施工上の不具合か? はたまたRC-Zの防水性能はこのレベルで、あまりに凄まじい横殴りの雨だったから漏れたのか??
[PR]
by jojojojou | 2007-08-23 15:31 | 入居後にあった不具合 | Comments(3)

補修工事終わる。

毎日たくさんのアクセスを頂きながら更新できず本当に心苦しいです。
ここ最近珍しく仕事が忙しく朝早くから夜遅くまで働いておりました。
ゴールデンウイーク明けまではこのペースでいきそうです。
さて一昨日(23日)に久しぶりにA監督が来られて懸案になっておりました補修を施工していただきました。b0088521_2331772.jpg
壁を補強いただき可動ハンガーバーを取り付けていただきました。
ハンガーバーの下も衣装ケースやチェストが置けるのでスペースの有効利用ができてこのハンガーバーは大変気に入っております。
お勧めものです。
またハイパーヒーティングシステム設置場所の扉も家具と干渉しないで開けれるよう改造していただきました。ありがとうございました。
[PR]
by jojojojou | 2007-04-25 23:11 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

不具合など

暮らし始めてからの不具合等。

 ① お湯が出るのがかなり遅い。
うちはキッチンも風呂、洗面も2階にあり給湯の配管が長く蛇口をひねってからお湯が出てくるまでがかなり遅いです。大体30秒程も掛かります。これだけ長いと精神衛生上も良くないしお湯が出てくるまで捨てる水の量もバカになりません。
 給湯配管が長くなってしまった原因の一つに給湯配管の建物への取り合い位置が違うのがあります。
図面では給湯管を2階へ上げるパイプスペースに近い建物の西面から給湯管は入るようになっているところ、実際はパイプスペースからかなり離れた建物の南面から入るように施工されていて、建物の西面から給湯配管を入れ最短で施工できた場合と比べ大体1.5倍以上長く迂回した配管になってしまっています。(下の白い配管が建物に入る給湯配管です。)b0088521_2252728.jpg
A監督になぜそのような施工をしたか聞いたところ基礎配筋時、給湯設備の仕様が判らなかったため割とスペースがある南面に通したとの弁。
ガックリです。

 ②可動ハンガーバーが付けれない
うちもHIRAさんのところのようにサンワカンパニー可動ハンガーバーを設置することに決めていました。
ただ設置予定の壁が内部の造作壁だったため取り付け可能なように壁の補強をお願いしました。
また念のために内部造作までに現物を入手して現場に預けました。(下の写真は設置例です。サンワカンパニーのHPより)
b0088521_22195113.jpgさて引渡しになって設置場所の補強について聞いたところまったく補強されていませんでした。
当然ながらハンガーバーは取り付けできません。
荷物が引き上げられた現場監督室にポツンと取り残された私の可動ハンガーバーの箱。
それを見たとき悲しくなりました。

 ③ 家具と当るドア。
これも打ち合わせの段階から妻の婚礼タンスの寸法と設置場所を申告していましたが、実際設置したところハイパーヒーティングシステムの設置場所の開き戸と干渉してしまいました。
b0088521_23161679.jpg
ハイパーヒティングシステムのパネル扉幅が思ったより大きく設置場所の扉を折戸から開き戸に変更したことに原因があります。

写真のドアの内側に貼り付けているものはハイパーヒーティングシステム稼動中の騒音を吸収してくれるハイパー低反発マットです。

なお②と③の不具合につき明後日(23日)改修工事に来てくれるとの事です。
 私は決してクレーマーではないつもりですが、、この工務店の体質が建売がメインという事なのでしょうか?
[PR]
by jojojojou | 2007-04-21 22:09 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)


検索
最新の記事
生物テロの攻撃を受ける その後
at 2017-10-07 16:14
生物テロの攻撃を受ける
at 2017-10-06 13:14
次は中国
at 2017-09-20 21:47
もしフィリピンに生まれていたら?
at 2017-09-04 17:30
8月最後の日、躯体冷却終了
at 2017-08-31 13:16
パンガシウスの蒲焼
at 2017-08-03 13:46
黄色い繋がり
at 2017-07-25 23:07
自宅をWi-Fiで塗りつぶそう
at 2017-07-09 23:15
タマリュウが大変なことに、、
at 2017-07-01 11:47
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析