RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
jojojojou様 ..
by FSH at 18:23
ikenoさん 確かトヨ..
by jojojojou at 13:13
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

カテゴリ:家のこだわり( 7 )

躯体冷房の可能性

今日は梅雨の中休みのようで朝からムシムシ暑いです。

下記が午後13時30分現在の温度湿度
(カッコ内は非接触温度計の床面、壁面温度)の記録です。

3階子供部屋  28.4℃ / 55 % (床 26.0℃ / 壁 25.1℃)

2階リビング   27.2℃ / 56 % (床 25.2℃ / 壁 24.7℃)
2階ランドリー室 27.2℃ / 64 %

1階主寝室   25.4℃ / 70 % (床 22.5℃ / 壁 22.4℃)
1階玄関   26.4℃ / 66 %

ワイヤレス温度計
2階リビング    27.6℃
外気温     30.6℃

外気温は30℃を突破していて暑いわけです。

上の温度の記録で見ていただきたいのは1階の躯体温度の低さです。
外から家の中に入ったとき、または2階から階段で降りたとき「ヒンヤリ」と実に気持ちがいいんです。 
丁度、森の木陰に入った時や洞窟の中に入った時のような新鮮な感じです。b0088521_1421939.jpg

現在の冷房システムの大多数はエアコンです。

しかしエアコンによる空調は「ゴーゴー」という動作音やファンによる気流を伴い、居心地の良さや空間の「質」という点ではかなり低い部類になってしまうのではないでしょうか?

私の家の1階で感じられたような気持ち良さを実現する輻射を利用した冷房システムが、その特徴の上質な空間という点と、気流のない体に優しい点が徐々に評価され認知されつつあるようです。

輻射式冷暖房ハイブリッドサーモシステム 「エコウィン」

多機能型輻射壁冷暖房システム 「暖冷アート」(動画
[PR]
by jojojojou | 2008-07-01 14:07 | 家のこだわり | Comments(6)

室内干し部屋の効能

うちの洗濯物はすべて専用の室内干し部屋に干しております。
それは躯体持ち出しのバルコニーが熱橋になりやすく外断熱と相性が良くないことと、
妻が花粉症ぎみでこれまでも室内干しに抵抗が無かったからです。
ただ当初、この室内干し部屋は洗濯物を乾かす以外の使用は想定していませんでした。
しかし建設途中の見学で妻が机を持ち込んで家事室を兼ねたいと言い出し急遽物干しを固定のものから電動昇降の物(松下電工 ホシ姫さま)へ変更し、コンセントやLANを追加しました。(下写真が現状です。)b0088521_16233637.jpg

この家事室は意義がありました。
というのもダイニングに散らかりついつい置きっ放しになってしまいがちな本や資料類がすべてこの部屋に行きダイニングはすっきりします。
またキッチンに収まりきらないストック用の食材や飲料類の避難場所になっております。
それらは目の届く棚に置かれていてタイムリーに補充や買い足しが出来ます。

こういう役割分けがあやふやな部屋が意外に間取りの潤滑材になるのではないでしょうか?
肝心の洗濯物の乾き具合は扇風機で洗濯物に風を当てて換気扇で換気するだけでバッチリ乾きます。

「朝がゆったりできるようになった」というのが実際に使用している妻の感想です。
キッチン、洗面所、室内干し部屋を隣接させたのと引き戸のためアクセスが楽なのでしょう。
ランドリーの主流は「乾燥機能付き(ドラム式)洗濯機」へとシフトしつつありますが、この電動昇降物干し「ホシ姫サマ」を使っての室内干しも非常におすすめです。
外断熱RCとの相性もいいです。(5/22 追記)
[PR]
by jojojojou | 2007-05-17 16:53 | 家のこだわり | Comments(2)

庇の効果

最近の家はデザイン重視の家が多くてどうしても見た目がかっこ悪い庇は軽視され、庇の無い家も多く見受けられます。
しかしQ値を高めた家にとって無用な日射を入れることはその性能の高さが仇となって熱がこもりやすい、そしていつまでも熱が抜けない厄介な状況になってしまいます。
関西のような温暖な気候下では冬の断熱計画よりも重要視しなければいけないと思います。
うちの基本姿勢は南面の窓は暑さが気になる5月から10月ぐらいまで直射日光を入れず、日射を防ぎにくい西面には極力窓を設けないようにしています。
(下写真は南面の窓です。)b0088521_12493992.jpg
[PR]
by jojojojou | 2007-05-03 12:50 | 家のこだわり | Comments(0)

間取りの事など、、。

jojojojou邸の間取りについて書きます。
特にこだわったことは個人のプライバシーを重視しない不快適な間取りです。
こう書いたらなにか拷問室があったり牢獄があったりとか誤解されそうですが、言い換えますとできるだけ個人が孤立しないように動線をぶつけ合うようにしました。
基本的にjojojojou邸には廊下は(最低限しか)ありません。どの部屋に行くにもリビングダイニングを通らなければ行けません。また私の書斎スペースは主寝室のベットサイドですし、妻の主務室はランドリースペース兼用になっていますし、子供部屋は扉を設けず、ルーフバルコニーに行く時は子供部屋を横断しないと行けないようになっています。
つまり個人が十分には引き篭もれないプライベートスペースにしております。
さらにトイレ以外の扉はすべて引き戸にしていて普段は開状態で使用し、どの空間も分断しないようにしております。
家全体を一つの空間として、家族がどこにいてもその存在を意識できる、またどの場面でも家族が干渉しあえる家にしたかったのです。
そのことが実現できるのが外断熱RCでした。
価格面で内断熱RC-Zに傾いた時期もありましたが、間取りの上で外断熱しかありませんでした。
[PR]
by jojojojou | 2007-02-18 21:47 | 家のこだわり | Comments(2)

おうちバーガーとオガファーザー

いつもブログのネタに困ると食べ物の話題になって恐縮です。
jojojojou家の休日のお昼ご飯の定番になりつつあるメニューがあります。
それは、家で作るハンバーガー「おうちバーガー」です。
作り方は本当にお手軽で、
① スーパーで売っているロールパンを上下2分割にしてオーブントースターで軽く温めます。
② いつも作っているのよりかなり平べったいハンバーグを焼きます。(薄いのですぐ火が通り簡単です。)
③ ハンバーグを作るのに使う玉ネギみじん切りの炒めたものを少しだけ残しておきます。
④ 1 のパンに、2 のハンバーグ、3 の炒めた玉ネギ、ケチャップ、薄くスライスしたトマト、サザンアイランドドレッシング、レタスを挟み 食べます。
それがすごく美味しいんです!!マクドナルドのハンバーガーなんかよりずーーと!
ぜひためしてみてください。おすすめです。
コツはロールパンはあまり甘くない安物の方が合うのと、すこしサイズが大きいのを見つけること、あとハンバーグの味付けは気持ち濃い目にするのと、焼くと縮むので大きめに作ることです。

ハンバーガーというものはお店で食べるものと決め付けておりましたが、自分で作ってみると意外なぐらい簡単で十分に美味しかったです。
確かにテーブルの上や手や顔がケチャップとドレッシングだらけになりますが、家族でワーワー言いながら食べれるのも味のうちと思っております。
 
さてこのようなことは家づくりにも当てはまるような気がします。
家は大工さんがつくるものと決め付けず自分が出来ることは自分でするという考え方、
D.I.Y.(Do it yourself)の考え方です。自分で施工することで安上がりでまた愛着が湧きます。
さすがに3階建ての内装を自分ひとりで施工したりなどは出来ませんが、D.I.Y.の要素を持った素材を使うことは可能です。
たとえば現在一番内壁の仕上げに使われているものはビニールクロスです。
選択に悩みこんでしまうほどの表面の模様や色のバリエーションがあり、仕上がりも綺麗で、なによりすこぶる安いです。
しかし風合いや色の正体はビニールフィルムです。住んでいて部分的に少し汚れたからとか破れて穴が開いたからといっても部分補修は出来ません。基本は専門の職人による全貼り替えです。
私の家にはそのような手の加えられる余地の無いビニールクロスではなく、D.I.Y.の要素がある壁紙オガファーザーを内装の主な部分に採用予定です。
先日その色見本が送られてきました。b0088521_23143692.jpg
写真で見るより凸凹は疎な感じです。
この壁紙は汚れたら上から自分で塗装出来るし破れたら部分的に張替えも出来ます。塗料も壁紙もインターネットで容易く入手可能です。

「おうちハンバーガー」を達成した次は「おうち吉野家の牛丼」でも挑戦してみましょうか?
こいつはちょっと難しそう、、
[PR]
by jojojojou | 2007-02-12 13:10 | 家のこだわり | Comments(5)

床暖房考察

我が家には1階と2階の床面にハイパーヒーティングシステムという躯体埋め込み式の床暖房システムを導入しています。
3階床面はあえて設置しておりません。それは3階の南半分がルーフバルコニーになっていて効率が悪いのと3階まで上げると温水の循環ポンプの負荷が上がりポンプにあまり良くないためです。
また通常、ハイパーヒーティングシステムを施工した床には暖かさを直接伝えるためフローリングはスラブ上に直接施工されますが、我が家はフローリングと床の間に12mmの合板を挿入してもらう予定です(すみませんマイナーな話題で、、、)。
下記は一般的なハイパーヒーティングシステムのイメージです。
b0088521_15563149.jpg


最近新築される家のかなりの割合に床暖房は採用されるようになってきました。
しかし大部分の床暖房システムはリビングやダイニング等の家全体の1部分しか施工されず、間歇暖房が前提で表面温度35度前後という高温タイプが殆どです。
これはホットカーペットと大差ありません。
表面温度が高いと瞬間的には暖かくて気持ちいい様に感じますが、長時間では逆にのぼせてきて不快になると思います。
床スラブの中に温水パイプを埋め込むハイパーヒーティングシステムは床表面温度は30度前後と聞いております。床暖房としてはほぼ理想的な温度でしょう。
しかし私は床温度をもっと低く、床暖房よりももっと自然な躯体輻射暖房という発想でフローリング下に床暖房の効率を悪化させる合板を挿入しました。建物の内部すべて同じ温度でどこに暖房があるか解らないというのが理想です。
この判断が凶とでるか吉とでるか完成後にその住み心地というレポートをアップしたいです。

ハイパーヒーティングシステム施工でちょっとした問題が発覚しております。
洗面所とユニットバスは2階に配置しておりその部分の床スラブは(配管を施工する関係上)250mm程下げて打たれています。(下写真の1段下がった部分)
b0088521_1120359.jpg
三和建設はその部分の温水管は床スラブに埋め込まずスラブ上をただはわすように施工しておりました。(左端に見えるのが温水管で埋設部漏れ確認用に短い仮バイパス管がつけられています)
私の考えは床暖房という発想よりむしろ躯体蓄熱を重視しているためこの部分の温水管もスラブ中に埋設していただきたかった。
その意向は三和建設に伝えてますが、今からいい方法があるでしょうか?
[PR]
by jojojojou | 2006-11-13 23:07 | 家のこだわり | Comments(0)

北面リビングへのギミック

私の家の建設予定地は北側のみ道路に面しております。
その道路はハナミズキの並木道で季節ごとに趣が違う風情があります。
「なんとかしてリビングからこの景色を眺めたい!!」
しかし普通リビングは北向きには造りません。
日が入らず暗く、また冬が寒いからです。

この要求に下記のようなギミックを採用しました。2階の北半分と3階部分の断面図です。
b0088521_19513470.jpg

上図の右側が南、左側が北方向です。
3階の子供部屋の南側に子供が寝るロフトを設けてその下を2階の吹き抜けにして
2階のダイニングやリビングに日が落ちるようにしました。
ロフト部分は木材で作っているので、子供が巣立ったらロフトの床板を取り外し
3階と2階とつなぐ吹き抜けにするつもりです。
[PR]
by jojojojou | 2006-11-03 19:24 | 家のこだわり | Comments(0)


検索
最新の記事
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
都会で無人販売したい!
at 2017-02-18 12:43
美味しいチキンライス
at 2017-01-29 08:48
恐るべし臼杵!お魚食べ放題の店
at 2017-01-22 14:03
二十歳の君へ
at 2017-01-09 15:17
謹賀新年 2017
at 2017-01-04 13:51
電撃白浜への旅
at 2016-12-28 17:28
重曹痛快系
at 2016-12-26 11:02
白と黒のヒレ酒
at 2016-12-13 22:44
クリスマスイルミネーション ..
at 2016-11-26 21:00
風呂場換気扇からの異音
at 2016-11-23 13:17
ものぐさ分隊 玉ネギ苗 スカ..
at 2016-11-14 22:36
今迄の練習の成果が出せるか?
at 2016-11-07 21:31
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析