RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ハイパーヒーティングシステムの改造工事

蓄熱式床暖房システム「ハイパーヒーティングシステム」のヒーターの容量を増強(6kW→8kW)工事が施工されました。
このシステムに使われてある加熱用ヒーターは200V電源の電気式給湯器「エマックス電子瞬間湯沸器」を流用してあります。下の物が4kWの容量でこれを2台使用します。b0088521_16455778.jpg

1台約12万円と大変高価なものです。
左下の写真の赤丸のねずみ色の部品がヒーターです。この部品を3kWのものから4kWのものへそっくり入れ替えました。
b0088521_1704582.jpg
右側の写真の部材がそのヒーターに使われているヒーターエレメントです。
写っているのは予備でいただいていた3kWの容量のものですが、もし4kWのものが手に入ればこの容量増強工事は安いエレメントのみの交換だけで高価なヒーター本体ごと取り替えずに済んだはずです。
聞けばこのヒーターの輸入代理店が床暖房への使用は正式に認めていないので消耗品のヒーターエレメントのみの販売も一切してくれないとのことでした。
当然今回は予備のエレメントをもらえませんでしたので次にヒーターエレメントが切れたらまた24万円を掛けてヒーター本体入れ替えになるのでしょうか??
倒産した会社の製品は恐ろしい。

三和建設より連絡があり消耗品ヒーターエレメントの入手ルートが確保できたそうです。1本5千円也。
「(本文にあるようにヒーター容量増強に)高い工事をさせてしまいましたね。(笑)」と謝ったら「容量アップにはヒーターエレメントのみの交換ではやはりダメで、今回のようにヒーター本体の交換が不可欠でした。」と回答されました。
ヒーターは見たところ(3kWと4kWのものでは)まったく同じものに見えたのですが、どこか変えているのかも知れません。 とりあえずメンテの道が開けて良かったです。(3/22 追記)

[PR]
by jojojojou | 2008-02-29 16:48 | ハイパーヒーティングシステム | Comments(8)

ハイパーヒーティングシステムの行末

RC-Zの蓄熱式床暖房システム「ハイパーヒーティングシステム」のメーカー「アーキサイエンス社」のHPがとうとう繋がらなくなってしまいました。
アーキサイエンス社の所業から判断すると早川氏はこのハイパーヒーティングシステムや同社をRC-Zのおまけ程度しか評価していなかったものと思います。

しかし私はZパネルを使った「RC-Z」工法の技術と同等か、もしくはそれ以上に利点のあるシステムだったと思っております。
その根拠は以下の2つです。

一つ目は躯体屋さんが温水管を躯体施工時に同時に打ち込むということです。

通常は躯体屋さんは躯体のみ、床暖房の温水管は床暖房屋さんの所掌です。
ですから躯体屋さんにとっては強度や耐久性に影響する可能性のある温水管は絶対躯体の中に入れたくないでしょうし、
床暖房屋さんも出来れば自分の部材のみで蓄熱量を確保するほうが計算も楽ですし商売もいいです。
施主にとっては躯体が出来上がってからまた床暖房用の蓄熱モルタルを打つのは二度手間ですし、工法によっては躯体の蓄熱量を十分に生かされない方法をとられる場合が生じます。
その点ハイパーヒーティングはコスト的、性能的に無駄が出ません。

次に(うちのような外断熱RCに使用された場合だけですが、)冷暖房の出力装置としての優れた点です。

躯体に蓄熱させるという点でコスト的に有利な深夜電力を利用できるという狭義的なメリットだけでなく、躯体の膨大な熱容量にダイレクトに作用できるという特徴です。
今まで外断熱RCに家に住んでみてこのことが一番重要なことと思います。
居住空間を媒介して躯体に蓄熱させることとなるエアコンなど他の冷暖房方式はユーザーに想像以上の負担掛けます。 また空気の比熱は水に比べ遥かに小さいため蓄熱には非常に効率が悪いです。
またこのハイパーヒーティングが優れていることは冷水、温水を使用しているのと躯体全体に作用させることから熱源の選択に自由度があるということです。
従来からの電気ヒーターや灯油ボイラーだけでなく将来的にはヒートポンプや燃料電池などへの換装も、地中熱を利用したクールチューブや太陽熱を補助的に加えることも検討可能です。b0088521_22172444.jpg

躯体屋さんだけの技術であるRC-Z工法は似たような工法が既にありますが、躯体屋さんと床暖房屋さんの両方の領域に跨る「躯体埋め込み温冷水管」のアイデアは早川ショックと共に封印されたままです。
さて、話は変わって うちのハイパーヒーティングシステムの熱源ヒーター増強(6kW→8kW)工事が施工者の三和建設殿の所掌で2月29日に施工していただけることになりました。
実は施工業者の工務店がメーカーの機器に手を入れるということは大変なことです。
その道に精通したエキスパートを見つけて、倒産したメーカーの技術情報をかき集めて、その準備に大変なご苦労をしていただいたことと察します。
三和建設殿の英断に敬意を払うと共にぜひ同社にはうちでの経験をバネにしてハイパーの後継者的存在になっていただき熱源にヒートポンプなどを利用した「外断熱RC躯体蓄熱冷暖房住宅」を完成、商品化させていただきたい。
おそらく住み心地は最上、ランニングコストは最強の「最上最強の家」になるはずです。
[PR]
by jojojojou | 2008-02-24 21:21 | ハイパーヒーティングシステム | Comments(4)

子供に見せておきたい施設

国は建物に関する省エネ法を改正して省エネではない(と思われる)建物には罰金を科すようにするとの事です。
京都議定書の次にくるCO2削減協定立案にイニシアティブを取りたい情勢に呼応した形ですが、なにか「見せしめ」のようなニュアンスを感じてしまいました。
こういうパフォーマンスよりももっと建設的なアプローチがあったと思います。
例えば国の新設される施設を高性能な外断熱にして訪れる方にその快適性を実感してもらうとか、大規模な地下熱ヒートポンプの実証施設を兼ねるとかお上が率先してやると建設業界の流れが変わると思うのですが、、。

仕事柄中国の方々やインドの方々と共に仕事をする機会がありますが彼らはいい意味悪い意味で非常にパワフルです。
こういう方々と渡り合って行かなければいけない私の息子たち世代は苦境に立たされるだろうなーと案じてしまいます。

恐らく現在の日本の政治、行政は悪政だったと歴史に刻まれるのではないでしょうか?
保身のみに気が行く官僚、スタンドプレーだけの議員、誰も静かに沈下しつつある足元を見ていません。
私はわが子に自嘲の意味を込め以下の国の施設を見せておきたいと思っております。
それはもう廃止が決まっております京阪奈学園都市にある「私の仕事館です。
雇用保険581億円で建設され、人件費一人当たり約1千万で運営されている施設です。
b0088521_2240842.jpg
非省エネの建物に罰金を要求する国とは異次元のような建物です。
ガラス張りの建物の冬の光熱費を公表していただきたいものです。
[PR]
by jojojojou | 2008-02-20 23:20 | 子育てのお悩み | Comments(0)

炊飯器買い換える

旨いご飯のためにこれまで色々試してきました。
土鍋で炊いてみたり、圧力釜で炊いてみたり、、
しかし最近は便利なものがあります。
圧力式の炊飯器です。
ボタン一つで安い米でもうまく炊き上がります。
4年前に買った1台目が味が落ちた気がしたため
最近の機種に買い換えました。(ただ単に新しいのが欲しかった?)b0088521_21324357.jpg
奥が今まで使っていたサンヨーECJ-BK10
手前が購入したECJ-HZ10
現行機種は高いため去年のモデルを安く入手しました。
前の機種には付いていなかった「おどり炊き」機能が気になります。
b0088521_223379.jpg
「もちもち」というモードで炊いたのですが、ご飯の粒にコーティングが一層かかった様につやが良く土鍋で炊いたのと似ています。
[PR]
by jojojojou | 2008-02-16 21:41 | 使い勝手 | Comments(4)

24時間換気装置のフィルター掃除

24時間換気装置の操作パネルにある「フィルターお掃除サイン」の警告灯が点滅しだしたため
急遽フィルターをメンテナンスしました。
b0088521_2044197.jpg洗面所天井の点検扉を開け、本体から注意深くフィルターを取り出します。
エアコンの室内機に付いているようなメッシュのフィルターと粗いスポンジのフィルターの2重構造です。
このフィルターは外気の取り込み口に付いていて取扱説明書には「外気の汚れを除去して居室内の空気を清浄にします」とありますが、どう見てもそれほど性能が良いフィルターには見えません。
しかし空気の通り道に当る部分は黒く変色しているため意外に効果があるのかもしれません。b0088521_20501478.jpg

取り扱い説明書通り掃除機で汚れを吸い取りました。
見た目はあまり変わっていませんが深く考えず復旧しました。
次の機会は水洗いをしてみます。
[PR]
by jojojojou | 2008-02-13 20:48 | 使い勝手 | Comments(0)

極寒期の温度、湿度傾向

温度、湿度データーを採取していただいている外断メーカー谷水さんから
極寒期のデーターが送られてきましたのでアップいたします。
計測期間は1月9日から2月6日まで、

まずは温度のグラフから、
 水色が外気温、 桃色が室温(2階リビング)です。b0088521_11253378.jpg
14日までの比較的外気温が高めの時は室温は何とか20℃をキープできていましたが、
14日以降は急に冷え込み20℃を割るようになりました。この辺が限界でしょうか?

29日以降は夕刻にエアコン暖房を稼動させたのかピークが複数になってます。
(数回針のようにピークが跳ね上がっているのは直射日光がセンサーに当たったものと思われます。すみません)

次に湿度のグラフです。
 山吹色が外湿度、 レモン色が室内湿度(2階リビング)です。b0088521_11283412.jpg
24時間換気の運転モードを最低の「エコノミー」モードで稼動させているため換気量が十分でなく湿度が50%から60%で安定しています。
面白いのはエアコン暖房を稼動させた時室内湿度が急落しております。
[PR]
by jojojojou | 2008-02-10 06:00 | 室内、屋外温湿度状況 | Comments(4)

今冬初めての積雪

今日の朝から振りだした雪が僅かに積もりだしました。
温暖な阪神地方で今冬初めての積雪です。b0088521_15332541.jpg

子どもたちはこの雪に少し興奮状態です。
水を含みべちゃべちゃな状態なのに早速雪だるまを作り始めました。
その後は雪合戦をしたいとの事です。
建物内の温度もこれまでにない低い値です。

計測日時2月9日15時30分

3階子供部屋  14.0℃ / 64 %
2階リビング   16.2℃ / 55 %
2階ランドリー室 17.1℃ / 55 %
1階主寝室   17.7℃ / 52 %
1階玄関   17.9℃ / 53 %

ワイヤレス温度計
2階リビング    16.9℃
外気温      1.3℃
[PR]
by jojojojou | 2008-02-09 15:33 | 室内、屋外温湿度状況 | Comments(12)

2月分の電気代明細と旧家の思い出

2月分の電気代の明細書が来ました。
使用期間は1月8日から2月4日までの28日間

時間帯によりそれぞれの明細は

デイタイム(他季)  22kWh x 27.06円/kWh = 595.32円
リビングタイム 253kWh x 20.67円/kWh = 5,229.51円
ナイトタイム  1,784kWh x 7.22円/kWh = 12,880.48円

あと基本料金(2,100円)、マイコン割引および はぴeプラン割引(-2,469.03円)、燃料調整、
消費税を加算して、請求額合計19,283円でした。

気付かれた方もおられるかと思いますが、先月より外気温は寒くなったのに
神戸月平均温度、12月 9.7℃、 1月 7.5℃)
光熱費は逆に安くなってます。 (先月22,007円、今月19,283円)
これには理由が2つあり、1つは使用期間が先月の方が長かったこと、(先月34日間、今月28日間)
もうひとつは蓄熱暖房「ハイパーヒーティングシステム」の暖房能力が先月で既に上限に達していて、今月は先月に比べて暖房費が増加しなかったことです。
このことは深刻で外気温が今月約2℃下がった分、室温も約2℃下がっていることになります。
 (今月の温度湿度のデーターは採り終わりましたので後日アップしたいと思います。)

ちなみに旧家(木造無断熱)の昨年の同月の光熱費は
電気代 17,808円 ガス代 10,196円でした。

下のグラフは今から1年前に計測された木造無断熱の旧家での温度のデータです。
(桃色 : 室内温度、深緑色 : 外気温)
b0088521_11321881.jpg室内側のセンサーは茶の間の柱に取り付けていたのですが、グラフの傾向を見ますと1日に2回ピークがあることから朝と晩に暖房を入れていたものと思われます。

暖房を入れていないとすぐに15℃以下になってしまい、断熱性能が十分備わっていないことが判ります。
 その室温の折れ線グラフの谷間一つ一つに私たち家族が「寒い寒い」と言いながらもこまめに暖房を消し、(その割には光熱費は高いですが、、)健気に生活を営んでいたんだなーと感慨に耽ってしまいました。

旧家屋の湿度のデーターもありますのでアップいたします。
室内湿度:レモン色 室外湿度:山吹色です。(4/3 追加)

b0088521_11351324.jpg室温が暖房ON-OFFで目まぐるしく上下しているのに伴い湿度も激しく上下しています。
暖房はエアコンのみだったですがこれが燃焼式のストーブやファンヒーターなら確実にいたるところ結露が発生していることでしょう。

[PR]
by jojojojou | 2008-02-06 16:56 | 光熱費公開 | Comments(2)

三和建設の新しいモデルハウス

jojojojou邸を施工していただいた三和建設が伊丹の住宅展示場に新しいモデルハウスを建てたとの事で初めて行ってみました。

三和建設の新しい木造ブランド「涼暖(りょうだん)の家」というそうです。b0088521_1710497.jpg
分厚いエンジニアウッドと専用金物を使用して、従来の木造の概念を覆す程の大空間を演出した間取りになってます。
言わばエンジニアウッドのラーメン構造というべきでしょうか、
耐力壁配置に拘ら無くていいことがこれ程有意義なこととは思いませんでした。
涼暖の家のもう一つの特徴が断熱材を外側に配置した「外張り断熱」だそうですが、私はそのことよりも開口部の標準仕様がシャノン社製樹脂サッシとLow-Eガラスが奢られていることに三和建設の省エネ住宅に掛ける思いを感じた気がしました。
同展示場の他社の殆どのモデルハウスが玄関ドアを開けっ放しで暖房をガンガン掛けているのと対照的に
この家は蓄熱暖房機のみで室温が建物内どこでも約20℃をキープしていることにさり気なくそれをアピールしています。
[PR]
by jojojojou | 2008-02-03 17:10 | 三和建設ってどんな? | Comments(4)


検索
最新の記事
次は中国
at 2017-09-20 21:47
もしフィリピンに生まれていたら?
at 2017-09-04 17:30
8月最後の日、躯体冷却終了
at 2017-08-31 13:16
パンガシウスの蒲焼
at 2017-08-03 13:46
黄色い繋がり
at 2017-07-25 23:07
自宅をWi-Fiで塗りつぶそう
at 2017-07-09 23:15
タマリュウが大変なことに、、
at 2017-07-01 11:47
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
都会で無人販売したい!
at 2017-02-18 12:43
美味しいチキンライス
at 2017-01-29 08:48
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析