RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

3階大窓漏水対策の相談 ( クサイものには蓋をしろ?その2 )

三和建設より3階大窓からの漏水対策として、現状の防水コーキング内部に止水剤を注入し対策としたいとの連絡を受けました。

説明ではこの止水ケミカル剤はRC水漏れ対策でこれまでも多数実績があり十分信頼できるものとのこと。

しかし下記のことを質問しました。

 - こういう止水剤は恐らくコンクリートの打ち接ぎ部やヘヤークラックからの漏水補修が主な用途で今回のような防水コーキングの欠損からの漏水を修復するのは用途が違い水の浸入を食い止められないのではないか?
(コンクリート~コーキング~サッシアルミ~木枠間など異種物質間すべてを接着止水してしかも比較的広い空間を補完する止水剤はあまり聞いたことが無い。)

 - 確かに現状は内部は開口部隅のヘヤークラックからにじみ出ているが、外部からの水の浸入を防がなければ根本的な解決にはならないのではないか?
(恐らく侵入が続けば今度は木枠の取り付け面から漏れ出すと思う。)

近いうちに止水剤の説明に来てくれるとのことです。

(12/1 追記)先日 三和建設カスタマー課のYさんからTELあり、
「今回の止水ケミカル剤はあくまでも内部のヘアークラックを補修するためのもので、
防水コーキングは後日打ち直します」と言われました。
確かに外断熱パネルが接近していて施工しにくいが特殊なノズルを使いコーキングを打ち直すことは容易いとのことです。
(それなら最初からちゃんと打ってヨ、、心の声)

[PR]
by jojojojou | 2008-11-25 23:50 | 入居後にあった不具合 | Comments(6)

今年初めての寒波

昨日から今日に掛けてかなり強い寒波が西日本にもやって来ました。
天気予報では「真冬並み」とのことですので、
うちの容量をアップさせた床暖房システム ハイパーヒーティングシステム(以下ハイパーくん・改)が
この冬を無事乗り切ってくれるかを占なう試金石になります。b0088521_7264632.jpg


さて一番冷えた今日の朝はどうだったでしょうか??

下記が本日(11/20) AM7:00 の温度湿度の記録です。

3階子供部屋  17.6℃ / 60 %

2階リビング   18.6℃ / 55 %
2階ランドリー室 17.4℃ / 70 %

1階主寝室   20.7℃ / 53 %
1階玄関   20.8℃ / 50 %

ワイヤレス温度計
2階リビング    19.6℃
外気温     2.1℃

昨年の初霜の降りた時の記録と見比べて劇的に改善したようには思えません。

頑張れハイパーくん・改!「気合だ!気合だ!気合だぁー!」
[PR]
by jojojojou | 2008-11-20 21:07 | 室内、屋外温湿度状況 | Comments(7)

「おいしいパン」 プロジェクト その2 ~行動編~

ホームベーカリーを購入してからというもの、レシピ本に載っている色々なパンを焼いてみました。
レーズンを入れたり、ベーコンを入れたり、、確かに美味い、しかし私の求めているものとはちょっと違うような気がしました。

レーズンなどを入れるアレンジパンは言わば「変化球」でそういう味付けだけではなくパンの素地に拘りたい!
そう、いろんな「粉」を試してみたい!

熱り立って近所のスーパーにいろいろな小麦粉を買いに行っても「薄力粉」と「強力粉」ぐらいしか置いていません。 「あー! いろんな粉が買いたい!」
そこでいろいろ品揃えがいいと言われる芦屋の山手(*注)にあるスーパーに行って見ました。

いかりスーパー 芦屋店

 (*注) 芦屋の山手 : 私の住む西宮や芦屋は南から阪神電車、JR、阪急電車と走っていて北に(山手に)行くほどブルジョア度が上がります。ちなみに私の家は阪神電車よりもずっと南の庶民派地区に立地してます。b0088521_4504120.jpg

駐車場ではポルシェやベンツにぶつけないないように止め、、いざ店内へ!
さほど広くない店内は普通にハクサイとか並んでいて「なーんや、普通やん」と思いながら肉売り場のショーケースを見ると百グラム千円以下のお肉が無い!?高!
(ウソです。パック詰めお肉はもっと安いいろいろなお肉がありました。)

そそくさと粉売り場にまわると、有りました「いろいろな粉!」

b0088521_5394341.jpg
とりあえず手打ちスパ用にデュラムセモリナ粉、パン用にライ麦粉、全粒粉、コーン粉を買ったのですが、レジ会計後一人一人にちゃんと正装したお姉さんが横に付いて紙袋に入れてくれました。
(たかだか800円の買い物でみょーに緊張しました、、。)

帰ってから早速全粒粉でパンを焼いたのですが、
妻いわく「なんかボソボソするパン」

人の苦労も知らないで!(怒)スーパー!
[PR]
by jojojojou | 2008-11-17 23:11 | おいしいパンプロジェクト | Comments(2)

3階大窓漏水調査

今日は朝から漏水があった3階大窓の散水試験が行われました。b0088521_1046724.jpg

ホースを使ってバチャバチャ水をかけるのではなく、少量ずつピンポイントで試していくとのことです。
b0088521_1049124.jpg
一番怪しい漏れた窓の下面隅にかけ始めて約10分後、やはり漏れ始めました。
やはり躯体とサッシとのコーキングの欠陥ので
どうもサッシを入れ替えた時に上手く打てて無かったようです。
b0088521_1524890.jpgもう1か所漏水のあった2階ガラスブロック窓は少量づつ水を掛けても全く漏水せず、最後にホースで全体的に散水しました。
ここは水切りを付け替えた際にコーキングが上手く打ち込めたのかもしれません。
3階の大窓のコーキングは後日改めて打ち直すとのことですが、コーキング箇所が外断熱パネルの奥に位置しているため非常にやりにくく難しい作業になるものと思われます。
[PR]
by jojojojou | 2008-11-15 10:52 | 入居後にあった不具合 | Comments(3)

外断熱RC住宅の資質

外断熱RCの住居はその住み心地にとても癖があるものと思いました。

それは日々RC躯体の膨大な「蓄熱層」と共に生活を営まなければいけないことです。

b0088521_9505798.jpg
「甘い宣伝文句の落とし穴」
良く外断熱RCの宣伝文句として外気温の影響を受けず、夏は涼しく、冬は暖かいとあります。
しかしこれには前提があって、「RC躯体蓄熱層の温度管理がちゃんとできて」の話です。
一度外気温まで躯体温度を夏に上げてしまったり冬に下げてしまったRC外断熱の家の住み心地は恐らく熱容量を持たない木造や内断熱RCの家より確実に悪いと思います。

もしこれからこの「外断熱RC」の建物にお住いになろうと思われる方は躯体の温度コントロールを積極的にしようという決意が必要ではないでしょうか?(ちょっと大袈裟かな?)

まだ建物の設計段階の方はぜひ外からの風やエアコンの気流が建物内全体へ行き渡るように気流の考察を依頼されることをお勧めいたします。
または資金面に余裕があればダクトを這わした全館空調の方がいいかもしれません。

「RC蓄熱層のより積極的な活用」
しかし上記のようなエアコンによるRC蓄熱層の利用はただ単に「室温の維持」のために使われているだけで蓄熱層がもつパフォーマンスの半分しか生かしきれてないと私は思っています。
私の思いつくRC蓄熱層のアドバンテージについて、、
一つには極端に温度差がある熱源からの熱を住居空間全面に広く分散させる効果があります。
一般的に暖房は熱源の温度が低く伝熱面積が大きい程、体にやさしく質感が高いと言われています。
建物の床スラブ全面に埋め込んだ温水管や電熱線を使った暖房システムが最高の質感を持った暖房だと思います。
また躯体冷房という概念はこれまでは結露の懸念からタブー視されていましたが、このブログによく来ていただけるムルデカさんは湧き水を利用した躯体冷房を計画されていますし、同じくめこいすさんは地下熱を利用した躯体冷房を計画されております。
どちらもRC躯体蓄熱層が持つ熱源からの熱を拡散させる作用で室内結露の危険を軽減しているものと思われます。

もうひとつ蓄熱層のメリットはやはり熱源の運転を時間差で利用できることではないでしょうか?
具体的には電気代が安い深夜電力帯のみの熱源の運転で1日中過ごせることです。
これはオーナーのお財布にうれしいことだけではなく、、夏の日中の電力消費のピークを平準化させれたり、都市部でのヒートアイランド現象の緩和の効果が期待できます。
けどやっぱりお財布にうれしいことが一番ですけどね、、。
[PR]
by jojojojou | 2008-11-14 23:51 | 外断熱RCについて考える | Comments(9)

何故 三和建設を選んだか?

コンクリート躯体がだんだん冷えてきました。

下記が本日(11/8) AM10:00現在の温度湿度
(カッコ内は非接触温度計の床面、壁面温度)の記録です。

3階子供部屋  22.0℃ / 67 % (床 21.4℃ / 壁 21.3℃)

2階リビング   22.4℃ / 64 % (床 22.4℃ / 壁 21.9℃)
2階ランドリー室 21.5℃ / 87 %

1階主寝室   21.0℃ / 66 % (床 20.5℃ / 壁 20.1℃)
1階玄関   21.5℃ / 62 %

ワイヤレス温度計
2階リビング    23.0℃
外気温     13.1℃

夏には30℃以上あった躯体温度ももう20℃を切りそうでRCの蓄熱の貯金も使い果たした感じです。
天気予報では今晩から寒気が入るらしく、そろそろ躯体に熱量を加えないといけないようです。
そこでうちの床暖房システム「ハイパーヒーティングシステム」の試運転を行いました。b0088521_10262924.jpg

まずタイマーの時計を正確に合わせます。
(1年で約1分進んでいた)
これは23時から7時までの深夜電力割引をきっちり使い切るためです。
b0088521_1030566.jpg次に連続運転モード、室温設定最高にして強制運転をさせます。
温水管が温かくなり、サイトグラスに気泡等が見られなかったらOK!
運転モードをタイマー運転にして、室温設定を好みの温度(今は22℃)にして終了。
私が数あるハウスビルダーの中から「三和建設」を選んだ理由の一つにこのハイパーヒーティングシステムにありました。

多くのRCを手がけるビルダーは自分のテリトリー外である温水管を躯体内に同時打ち込みすることを拒みます。

しかし北海道で温水管埋め込み融雪ロードシステムを手がけていた旧早川工務店にはこの建設業界のタブーを打ち破るのはそう難しくなかったと想像できます。
(逆にその奔放さが方々で問題視されておりますが、、、)

ともあれ三和建設さんの最大限のフォローでリベンジ(8kWにパワーアップ)された床暖房がこの冬をうまく乗り切れるかどうか?興味が尽きません。
[PR]
by jojojojou | 2008-11-08 10:36 | 三和建設ってどんな? | Comments(14)

補修工事後初めての雨

2階ガラスブロック窓および3階連層大窓の雨漏れ補修工事が施工され初めて雨が降りました!
さてこの雨を無事乗り切ってくれたでしょうか??

まずは、2階ガラスブロック窓の状況です。b0088521_11173899.jpg

対策の内部の水を外に排出させるドレン管が功を奏したのか漏れは見られませんでした。
次に3階の連層大窓はどうでしょうか??b0088521_11221032.jpg

アウト!!

再度水漏れ発生です。

早速ビルダーの三和建設にメールを出しました。
ドレン管のような対処療法的な対策ではなく根本的な雨漏れのルートの特定が望まれます。

午後に三和建設のYさんとRC部の方々が来られて雨漏れの箇所を確認されました。
来週末の11月15日に散水にて水漏れの調査を行っていただけるそうです。
[PR]
by jojojojou | 2008-11-07 11:23 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

餅は餅屋

3階への階段踏み板の最終段だけ踏むと「キュッキュッ」と音が鳴ります。
三和建設のカスタマー部のYさんに相談するとすぐに修理の専門家を派遣してくれました。b0088521_10221716.jpg

修理のテクニシャンは現場の状況を把握し丁寧に図を書いてくれてなぜ「キュッキュッ」と鳴るのかとどのようにして直すのかを説明してくれました。
作業は踏み板の裏側の擦れて音を出す部分に接着剤のような薬剤を注入して終了。
見事まったく鳴らなくなりました!

聞けば彼は三和建設の社員ではなくてこういう内装の修理を専門に請け負っているとのこと。
世の中にはいろいろなスペシャリストがいるもんだ。
[PR]
by jojojojou | 2008-11-03 10:53 | 入居後にあった不具合 | Comments(4)

取り合えず窓は復旧される (クサイものには蓋をしろ?)

漏洩があった2階ガラスブロック窓は防水シールの打ち具合を調べるためサッシ下部の水きりの部分を開放されましたがハッキリとした原因が見つからないまま復旧されました。内部から水を抜く例のドレンパイプが水切り板の下面に新たに装備されています。b0088521_232622.jpg
また今回雨水が壁面に伝わり垂れるのを防止するため、すべての水切り板の両端にL型の部材を取り付けて確実に水切り板から雨水が滴下するように改造しました。
(これは水漏れ対策ではなくただの壁面防汚対策です。)
窓は復旧されましたが水の漏洩(もしくは発生)原因は特定できていないためまだまだ安心できません。
[PR]
by jojojojou | 2008-11-01 23:40 | 入居後にあった不具合 | Comments(2)


検索
最新の記事
生物テロの攻撃を受ける その後
at 2017-10-07 16:14
生物テロの攻撃を受ける
at 2017-10-06 13:14
次は中国
at 2017-09-20 21:47
もしフィリピンに生まれていたら?
at 2017-09-04 17:30
8月最後の日、躯体冷却終了
at 2017-08-31 13:16
パンガシウスの蒲焼
at 2017-08-03 13:46
黄色い繋がり
at 2017-07-25 23:07
自宅をWi-Fiで塗りつぶそう
at 2017-07-09 23:15
タマリュウが大変なことに、、
at 2017-07-01 11:47
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析