RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

もっと働けよ、白くまくん

洗濯物乾燥室に待望のエアコンを設置しました。
特に除湿性能が高いと思われる日立のカラッと除湿白くまくんを導入したんですが、、
実はこの白くまくんぜんぜん湿気を吸ってくれません。

b0088521_23445264.jpg洗濯物を乾かそうと、カラッと除湿「快速ランドリーモード」というモードで運転させるとバンバン温風が吹き出され室温と湿度が急激に上がり洗濯物乾燥室は蒸し風呂状態になります。
そしてとうとう内壁面に大量の結露が発生していまいました。
さすがにこれは異常だと思い日立のサービス技師に来てもらい様子を見てもらいました。
サービス技師いわく「快速ランドリーモードは、室温、室内湿度、外気温から洗濯物を一番早く乾かすように除湿運転と暖房運転を自動的に切り換えている。暖房運転時には除湿されない」とのこと、
じゃ どうやって乾かせばいいの?と聞いたところ、
同じカラッと除湿でも「結露防止モード」で運転するのが一番除湿されると言われました。

「これは絶対におかしい!!」
「取説には結露防止モードは室温が下がると書いてあるからこのモードはただの弱冷房ではないか?」
「ただの弱冷房の除湿ならこんな高い機種は買ってないゾ!!」
と捲し立てたら
「正月休みが終わって工場が再開したら設計に現象を伝え判断を仰ぎます」
と言って帰って行きました。
[PR]
by jojojojou | 2008-12-28 00:30 | 入居後の疑問 | Comments(2)

「エコ」という考え方

前日は「エゴ」に起因する閉塞感から吹っ切れたことついて書きましたが、もうひとつ家ブログで気づいたことがあります。
それは「エコ」という物のとらえ方です。

今の世の中「エコ」という言葉がよく使われます。
今までは単に「省エネ」と同義かな?ぐらいにしか思っていなかったんですが、
ブログを続ける中でその言葉の根源はもっと深く広く「自立を目指した上での共存、共栄」ではないかと思い始めました。
もっと具体的に言えば、結局のところ「人任せにしない」です。

b0088521_6301333.jpg
焼肉にサンチェ、ちょっと小さなほうれん草、不揃いのブロッコリー。
3回続けて野菜の写真をアップしましたが、この時季に収穫したものです。
暖かい時期は虫の餌食になってしまう葉物も虫のいないこの時季は殆んどほったらかしでいいです。

この欄の前半に書きました「エコ」→「人任せにしない」をもうちょっと説明します。
人生あまり物事を深く掘り下げて考えたりせず日々の生活に関わることだけ考えて生きることは可能です。
いや、むしろそうしていた方が難しいことに関わらずに済み圧倒的に楽な生き方でしょう。
私もそうでした。
しかしブログを書き進めるうちに、現状の住宅市場の矛盾やエネルギー、環境関係の問題とこれからの方向性、子育てや躾、政治や行政など今までは素通りだった事柄もより突っ込んで調べるようになりました。
私一人がどう頑張っても世の中はまったく変わらないでしょう。
しかし発信することとまったく閉ざしてしまうのでは雲泥の差があるように思いブログは細々と続けています。
弱肉強食の市場経済原理の次はエコの時代にしていかなければいけないと思います。(12/31 追記)
[PR]
by jojojojou | 2008-12-27 06:30 | ごあいさつ | Comments(0)

始まりはエゴ そしてその限界

少しでも人とは違った見栄えのいい立派な家にしたい。
家族の欲求をすべて満たす間取りにしたい。
光熱費を抑えた高気密高断熱の家にしたい。

家づくりの始まりは大部分こういう自分の「エゴ」が原動力ではないでしょうか?

しかしそういう家へのこだわりや熱意も家が完成してしばらく住み続けているうちに、
あれほど拘ったけどそんなに大したことだったのだろうか?
自分の家はこういう風に完成したけど、その後に「もっとカッコいい」「もっと高性能」な方が次々と完成し出て来るし、、
家族のために考えた間取りもその家族の成長や変化の過程ですぐに色あせてしまうでしょう。
「絶対」と思っていたことが実は「刹那的」「限定的」な価値でしかないのではないか?
価値が失せたものを続けることに何の意味があるのだろう?
家ブログを立ち上げたころのモチベーションはもうないしそろそろシオドキかな?と思っていたとき「家づくり奮闘記コンテスト」投票お誘いのメールをいただき、その返信で家ブログへの上記のようなネガティブな思いを書きました。

その次の日家づくり奮闘記コンテスト事務局のNさんから以下のようなアドバイスをいただきました。

「昨年の節もお世話になり,ありがとうございました.
本当に1年が過ぎるのは早いものですね.
ブログはぜひ続けて下さい.無理のない範囲でぜひ.
「家づくり」は引き渡しを受けられた後も
住まわれていらっしゃる限り,続くものだと思っております.
個人的には,ブログの更新が滞ったり更新ペースが
落ちる事を気になさる方もいらっしゃるようですが
そのような必要はないように思っております.
家づくりの後輩さん達にとって,先輩方の情報は宝ですし,
支持を得られたブログですと,なお更だと思います.
どの記事も,どんな一文が読まれた方に役立つかわからないと
私は思っておりますので,書かれたご本人ももちろんですが
読み手にも大切なものと思っております.」

b0088521_654848.jpg
Nさんのやさしいアドバイスの文面の中で特に「続くものだ」という部分に惹かれました。
確かに私個人の家ブログは限定的、刹那的な価値でしかないかもしれません。
しかし私の家ブログが1枚の静止画に例えますと先人の方のブログ、またこれから生まれていくであろう施主ブログ、それぞれ1枚づつ静止画が連なって動画のように続いていく、
しかし私がこの家づくりで必死に追い求めた「家族を思う気持ち」は形は変れど普遍的なテーマとして時代や世代が変っても受け継がれていくものだと思いました。
[PR]
by jojojojou | 2008-12-26 05:47 | ごあいさつ | Comments(2)

なぜこのブログを続けているのか??

家関係、特に施主が綴るブログは計画段階や建築中は話題が豊富で書きやすいんですが、
引渡しを受けて1年住み続けるうちにだんだん新鮮な話題が無くなってきて更新が億劫になります。
各言う私も竣工後丁度1年になる今年の4月でこのブログを一旦止めようと思っておりました。

しかし未だ(性懲りもなく)続けています。   なぜでしょう?

「惰性?」、「暇つぶし?」、、そうかもしれません、
しかしブログを続けているうちになにか気付いたんです。

それは「エゴ」から「エコ」へ。

b0088521_21252829.jpg
[PR]
by jojojojou | 2008-12-25 21:03 | ごあいさつ | Comments(0)

3階大窓漏水補修工事 ~その3~ 漏水の原因発見か?

昨日3階大窓の部分のコーキング打ちこみ状況を確認してもらったところ、
どうも外断熱パネルに取り付けたタイルが邪魔をして古いコーキングを完全に除去できず、
新しいコーキングもタイルが邪魔してその古いコーキングとの接着が上手くいっていないところがあることがわかりました。
恐らく今回の漏水はこの接着不良が原因と思われます。
下の写真は外断熱パネルからタイルを一部分除去して調査した写真です。b0088521_0142025.jpg
今度は外断熱パネルからコーキング施工に邪魔になるタイルはすべて取り外し今度こそちゃんと防水コーキングを施工してもらいました。
[PR]
by jojojojou | 2008-12-23 23:55 | 入居後にあった不具合 | Comments(12)

3階大窓漏水補修工事 ~その2~

この記事を書くか書かないかちょっと躊躇しました。
実は先週の土曜日に3階大窓の防水コーキングは水漏れを起こした古いものを除去し、細心の注意を払って再度施工し直されました。
私は仕事が忙しく立ち会えなかったのですが、新しく打たれたコーキングは外断熱パネルが接近し非常に隙間が狭く奥まった所にもかかわらず、感心するほど見事に施工されておりました。
そして1週間後の今日、防水の効力を確かめるため再度散水試験が行われました。b0088521_22171473.jpg
b0088521_2224476.jpg
「あー 無情」とはこのことなんでしょうか?
じんわりとヘアークラック部分から水分が内部へにじみ出てきました。

三和建設の名誉のために説明しますと、この部分の雨仕舞いのデザインは最初の建築時に最高の性能が出るような設計であって、
今回のような途中でサッシを交換した時のことまで十分に考慮されていません。
外断熱パネルが部分的に取り外せて防水施工ができれば完璧なんですが、、
私の採用した谷水の湿式工法は一度取り付けたパネルを外すことは想定されていないようです。
[PR]
by jojojojou | 2008-12-20 22:19 | 入居後にあった不具合 | Comments(7)

床暖房の容量と電気代

昨シーズン冬季での1日当りの夜間電力消費量を調べてみました。

11/5~12/4  38.6kWh/day,
12/5~ 1/7   61.4kWh/day,
1/8~ 2/4   63.7kWh/day,
2/5~ 3/4   66.9kWh/day,
3/5~ 4/2  45.0kWh/day

すると12月から2月までの期間、使用電力量が頭打ちになりほぼ一定の値になることが判りました。
ちなみに外気温の平均値はそれぞれの月で、
11月 14.0℃、12月 9.7℃、1月 6.0℃、2月 4.9℃、3月 10.6℃
と12月から2月までを見てもかなり差があり室内に設置されている温度センサー(サーモスタット)でON-OFFさせている床暖房は気温が下がればそれに比例して消費電力が増えるはずなのに、、、

これは12月から2月までの間、床暖房(ハイパーヒーティングシステム)の運転状態がすでに最高出力(6kW x 8hr = 48kWh)に達していてそれ以上上がらなかったものと思われ、
裏を返せば外気温の平均温度が10℃程までなら室温が保てるがそれ以下になるとコントロール不能になり室温が下がってしまうということです。
実際1月、2月は室温が17℃ぐらいにまで下がりかなり寒い思いをしました。

さて今シーズンはハイパーヒティングシステムのヒーター容量を6kWから8kWに増強して望んでおります。
しかし意外なことに今月届いた電気料金の明細は以下のように昨シーズンと差はありませんでした。
まだ外気温が高く(13.7℃ 2008年11月 神戸、日平均)パワーアップした分をまだ使っていないものと思われます。

12月分電気料金明細
使用期間 11/6 ~ 12/2
昼間使用量 215kWh 昼間1段 1,914.30円、 昼間2段 3,406.25円
夜間使用量 912kWh (33.8kWh/day) 7,469.28円
基本料金 1,155円
マイコン割引 -336円、 口座振替割引 -52.5円、
消費税 645円
請求額 13,556円

しかしやはり気になるのは外気温平均が10℃を割り込む1月、2月の電気代です。
家の中は暖かくなるでしょうが、単純計算、ヒーターの増強分(6kW→8kW)で1日当り16kWh増えますので、予想されます夜間電力量は83kWh/day、1ヶ月で2500kWh、
電気料金は夜間分だけでも22,525円!!(高!)

b0088521_0143517.jpg
電気料金3万円超えも現実味を帯びてきました。


昨冬の電気料金明細
2007年12月分(11/5~12/4)
2008年1月分(12/5~ 1/7)
2008年2月分 (1/8~ 2/4)
2008年3月分 (2/5~ 3/4)
2008年4月分 (3/5~ 4/2)

昨冬と比べ電気料金単価は燃料費調整も含めて約2円/kwh上がることになります。
深夜電力は昼間に比べ安いからといってもこれ以上単価が上がると効率の悪いヒーター(電熱線)を使う暖房システムは退場を余儀なくされるかもしれません。
[PR]
by jojojojou | 2008-12-17 23:21 | 光熱費公開 | Comments(0)

「おいしいパン」 プロジェクト その3 ~ロハス編~

ここによくコメントを寄せていただいておりますムルデカさんもホームベーカリーをお持ちで
それに関するコメントもこの「おいしいパン」プロジェクトの記事の際いただきます。
先日いただきましたコメントの中に「粉はインターネットでコユキという国産強力粉を取り寄せています」とありました。

「コユキ」、、、なんか雪国の美白の女性が作っていそうな、、さぞ「もっちり」とした「やわらかい」パンが焼けるに違いない!! 買ってためして見ねば!!

早速、ムルデカさんの情報にありました「こだわり食材 粉に砂糖ドットコム」にアクセスし「強力粉 コユキ 1kg」を注文しました。
さらに折角ですから塩も砂糖も特別な自然素材をためしてみようと思い、、
砂糖は「100%純国産 沖縄でとれたきびから作ったお砂糖」
塩は「インドネシア マドゥラの焚き塩(特選)」を同時に注文しました。
インドネシアのマドゥラも行ったことはありませんが、バリの民族衣装をきた女性が作っていそうです。 
下の写真が届けられた食材です。b0088521_1149751.jpg
あと発酵させる酵母菌はホームベーカリーを買ったときに貰った「ホシノ天然酵母」
水は近所のスーパーで買ってきた「六甲のおいしい水」を使います。
小麦粉と砂糖と塩と水だけで、
天然素材に拘ったパンは一体どんなパンになるのでしょうか?
タイマーで今日の朝焼き上がりました。b0088521_12311290.jpg
いつも使っている外国産の小麦と違って膨らみが今ひとつです。
そのため密度が濃く、耳の部分はややハードで中はどっしりしています。
実に重い!1切れでおなか一杯になります。
味は小麦自体のいい風味なんですが、食感は口解けが悪くごそごそとワイルドです。
後になって「コユキ」のユーザーレビューを読んでみると、やはりどちらかといえば食パンには向いていないようで、ハード系のバケットやベーグルが美味しいとのこと。
あと食感からチキンやベーコンなどを挟んだサンドイッチに使ったら具に負けない存在感が出て良いかも知れません。
「コユキ」という名前から「おしとやかな雪国の美白の女性」を連想したのですが、、パンの世界は実に奥が深い。
[PR]
by jojojojou | 2008-12-10 11:49 | おいしいパンプロジェクト | Comments(2)

ユニットバスの恐怖

うちでは夜中にお風呂に入りその後湯船のお湯は翌朝の洗濯用に落とさずそのままにしております。
普段は風呂のふたを閉じて余分な水蒸気を出さないようにして寝るのですが、子供が最後だったり、私が酔っぱらった状態で最後に入ったりして、、(これが多かったりして、、)
かなりの頻度でふたをせず寝てしまいます。

その結果、翌朝ユニットバス内の大変な惨劇に出くわすことになってしまいます。

b0088521_2182116.jpg

「ぎゃー!」
うちのユニットバスはINAX製の PCX というタイプで、見た目は同社高級タイプ「プレシオ」シリーズとそっくりですが、選べないオプションがあったり、水栓が違ったり目立たない部分で微妙に差別化がなされております。
壁面や天井面の断熱構造も「プレシオ」では標準で断熱材が施工されているのに、我が「PCX」はオプションでさえ選べません(涙)
天井部分はプラスッチックの板一枚で僅かの温度差でも結露を生じてしまうと思われます。
b0088521_21454262.jpg
このことを三和建設カスタマー課Yさんに相談すると断熱材を持ってきてくれて点検口から天井裏部分に隙間なく載せてくれました。
この追加された断熱材の効果はまた酔っ払って風呂に入った翌朝に見てみたいと思います。
(12/9 追記) 思いがけず早くにその効果が確認されました。
昨日、長男が最後に風呂に入りふたをせずそのまま寝たようです。下記写真が今朝の状況です。b0088521_9374263.jpg

やはり完璧ではないですが、かなり結露の発生は緩和されたのではないでしょうか?
湯船のお湯を落とさず翌朝まで保持することは、水の有効利用の他に地震などの時の非常用ストック、あとうちのような暖房容量がぎりぎりな場合貴重な熱源の一つです。
メーカーもお湯を保持させた時のことを考慮に入れた製品造りをお願いしたいものです。
(「それよりふたをして寝ろよ!」 ・・・ 皆さんの心の声)
[PR]
by jojojojou | 2008-12-08 21:08 | 暮らし心地 | Comments(4)

本格的な寒気が来る

新聞を取りに外に出た瞬間 
「寒!」
今シーズン初めての寒波が西日本に入り込んだそうです。
ニュースによりますと、このあと冬型の季節配置は午後には緩み
気温は徐々に上がってくるとのことです。

日射の影響で気温が上がってくる前、最低と思われる状態が下記です。
本日(12/7) AM07:30現在の温度湿度
(カッコ内は非接触温度計の床面、壁面温度)

3階子供部屋  16.1℃ / 61 % (床 15.5℃ / 壁 15.0℃)

2階リビング   18.5℃ / 53 % (床 21.5℃ / 壁 17.5℃)
2階ランドリー室 17.1℃ / 65 %

1階主寝室   20.5℃ / 51 % (床 23.0℃ / 壁 18.5℃)
1階玄関   20.0℃ / 51 %

ワイヤレス温度計
2階リビング    19.3℃
外気温     0.2℃

データーロガー
2階リビング    19.2℃ / 55 %
外気温、室外湿度 0.4℃ / 67 %

b0088521_7494163.jpg
3階には床暖房は施工されておらず、室温、躯体温度の落ち込みが激しい。
しかし暖房が施工されている1、2階の床は温度が十分高くこれからじわじわ室温に影響してくれるものと思います。
上記の計測値を見る限りハイパーヒティングシステムのヒーター容量増強(6→8kW)の効果があったように思われますが、、
やはり実力の判断はこのような瞬間値ではなく、寒さが続く極寒期のデータロガーでの解析が必要です。(と痛い出費の言い訳をしています。)
[PR]
by jojojojou | 2008-12-07 07:46 | 室内、屋外温湿度状況 | Comments(0)


検索
最新の記事
生物テロの攻撃を受ける その後
at 2017-10-07 16:14
生物テロの攻撃を受ける
at 2017-10-06 13:14
次は中国
at 2017-09-20 21:47
もしフィリピンに生まれていたら?
at 2017-09-04 17:30
8月最後の日、躯体冷却終了
at 2017-08-31 13:16
パンガシウスの蒲焼
at 2017-08-03 13:46
黄色い繋がり
at 2017-07-25 23:07
自宅をWi-Fiで塗りつぶそう
at 2017-07-09 23:15
タマリュウが大変なことに、、
at 2017-07-01 11:47
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析