RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

白くまくん来る

洗濯物乾燥用に設置した日立のエアコン「白くまくん」が、うちの洗濯物乾燥室の使用状況にうまくマッチングしてなくて、運転すると内壁に激しく結露が発生して使いものにならなかった、、
というのが今までの経緯ですが、
本日、日立の設計の方と品質保証の方が来られてランドリー除湿運転時の運転制御基盤の交換を行ってくれました。b0088521_2120207.jpg

変更した運転の内容は、
 ① 温度が低いとき自動的に強暖房が30分から60分間なされていたのを、
中暖房に出力を下げ、運転時間も5分から7分間に短縮。
 ② 除湿能力を約20%パワーアップ。
 ③ 除湿運転の最低運転時間を30分だったのが70分に延長。
です。
①は起動時の結露の発生を抑える目的に暖房能力を弱めています。
③は一旦除湿運転に入ると次に暖房運転に切り替えるか、除湿運転を続けるかは70分後に判断するということです。つまり70分間は無条件に除湿運転を続けます。

さて実際に使ってみた印象ですが、、
結露対策のために暖房機能を弱めすぎたようで3時間の運転で最初21℃あった室温が15℃にまで低下してしまいました。
室温が低いと洗濯物からの水分の蒸発量がそれほど多くないようで、乾きはイマイチでした。

もっと働けよ、白くまくん
白くまくんからの連絡
[PR]
by jojojojou | 2009-01-31 21:20 | 入居後にあった不具合 | Comments(0)

Never say goodbye

久しぶりに阪神地方にまとまった雨が降りました。

あれほど散水試験をして洩れなかった2階ガラスブロック窓から再び漏水発生です。b0088521_2336855.jpg

この窓だけは結局漏水の原因が解らずじまいでした。
実に正直なものです。
久しぶりに家のこと  (2008年9月21日)
「漏水」のミステリー (2008年9月25日)
続 「漏水」のミステリー (2008年9月30日)
続、続 「漏水」のミステリー (2008年10月10日)
「漏水の謎」さらに深まる。 (2008年10月11日)
取り合えず窓は復旧される (クサイものには蓋をしろ?) (2008年11月1日)
[PR]
by jojojojou | 2009-01-30 23:36 | 入居後にあった不具合 | Comments(2)

病院にこそ躯体冷暖房を!!

今年になって病院内でのインフルエンザの集団感染が複数例報道されています。
東京町田市の病院では100人以上に感染して3人の方がお亡くなりになり、
昨日は茨城県の病院でお一人の方がお亡くなりになりました。
病気を治すために入院していたのに、入院していたがために命を落としてしまう、、。
この矛盾に心が痛みます。

町田市の病院のケースは後日その原因についても報道があって、
職員のマスク着用が徹底されていなかったとか、タミフルの投与が遅れたとか言われていましたが、
私が気になったのは病室の湿度が僅か15%という過乾燥の状態だったという事実です。

空気が乾燥すると、繊毛運動などの、のどの粘膜の防御機能が低下してインフルエンザにかかりやすくなります。
またインフルエンザウイルス自体も低湿度の環境下ではより長い時間生き残って感染力を維持します。
病院の建物の暖房方式までは報道は無かったですが、恐らくエアコンによる空調でしょう。
室温を上げるしか体感温度に作用できないエアコンは病室の暖房システムにはミスマッチで、
病室の暖房こそ室温に影響が出にくい放射熱暖房が適しているものと思いっています。

下は放射熱を利用した冷暖房システムの1例です。

かなや設計「壁冷暖房システム」、日本医師会HP大成建設HP

b0088521_20153662.jpg
このかなや設計の代表者金谷さんに以前このシステムの冷房時の結露対策はどのように対策されているのかをメールでお伺いしたことがあります。
放熱板を立てていることから表面で冷やされた冷気は下に落ちて滞留しないこと、
また家具やベットを密着して配置させないようにひだを設けていることがポイントのようです。
[PR]
by jojojojou | 2009-01-28 19:33 | 住環境について考える | Comments(13)

温風暖房に物申す

人が暖かいとか寒いとか感じる体感温度は以下のような式で求められます。

(体感温度)={(室温)+(壁、天井、床などの温度)} ÷ 2

エアコンやファンヒーターなど温風による暖房は主に室温をコントロールし体感温度に作用する暖房方式です。

さてそこで温められた空気がどれほど床や壁や天井を温められるか検証したいと思います。

空気や水など「流体」から床や壁など「物体」の間で熱が移動することを「熱伝達」といい、
その伝達しやすさを「熱伝達率」といいます。
単位はW/m2・Kで値が大きいほどより多くの熱を伝達させることが出来ます。

水と空気のそれぞれの値は、、

  流れる水 500 ~ 4,000 W/m2・K
  流れる空気 10 ~ 300 W/m2・K
  静止した空気 4 ~ 5 W/m2・K

だそうです。 
上から判ることは流れる空気が数倍から数百倍も水に比べ伝えられる効率が悪いということです。
たとえばスラブ中に埋め込まれた細い温水管で十分床は温かくなりますが、
空気で床や壁を温めるには常に温風を吹き付けていなければあまり効果は期待できません。

熱容量が大きなRC外断熱の建物ではそれが顕著で空気でその膨大な熱容量をコントロールするのは至難の業だと思えます。
[PR]
by jojojojou | 2009-01-27 13:05 | 住環境について考える | Comments(0)

引き篭もり注意

「RC外断熱住み心地レポート」という仰々しいブログタイトルを付けておきながら、
最近はその肝心な住み心地をレポートしておりませんでした。

昨年は床暖房システム「ハイパーヒーティング」のヒーター容量が足らず寒い思いをしましたが、
今年は今のところ快適です。
具体的には
 - 暖房が深夜電力のみのタイマー運転のため日中は音も気流も暖房機の存在すらありません。
 - 床面が22℃で違和感がない程の温かさでちょうどいい。
 - 躯体温度が比較的高いためその放射熱の影響で室温が低くても体に感じる温度はさほど寒くない。
したがって室内湿度も高い状態を保ちやすい。
 - 気流が無いため肌や喉を痛めることがない。(私はアトピー皮膚炎に悩まされていました。)
 - 家の中で活発に活動できる。
(旧家では朝蒲団から出るのも、コタツから出るのも、トイレに行くのも、風呂に入るのも決意が必要でした。)
クオリティーオブライフは別次元。

ちなみに今現在PM11:00の温度湿度の状態は
(カッコ内は非接触温度計の床面、壁面温度)

3階子供部屋  17.2℃ / 63 % (床 15.4℃ / 壁 14.5℃)

2階リビング   20.4℃ / 53 % (床 22.0℃ / 壁 18.5℃)
2階ランドリー室 18.3℃ / 70 %

1階主寝室   19.8℃ / 47 % (床 22.5℃ / 壁 18.5℃)
1階玄関   20.1℃ / 46 %

ワイヤレス温度計
2階リビング    20.4℃
外気温     2.6℃

データーロガー
2階リビング    19.9℃ / 55 %
外気温、室外湿度 2.9℃ / 68 %
b0088521_2331097.jpg 



弊害は外に出なくなることでしょうか?
[PR]
by jojojojou | 2009-01-25 23:25 | 室内、屋外温湿度状況 | Comments(4)

電球型蛍光灯の進化

この家に住み始めてもうすぐ2年を迎えようとしています。
そろそろ電球などの消耗材が交換の時期に来ているようで、浴室の白熱灯の1つと庭のアプローチのハロゲン灯の1つが切れました、立て続けに、、。

アプローチの灯りは5つあるスポットライトの内の1つの為さほど緊急度は無いのですが、
浴室は2つしかない内の1つのため影響が大きく、お風呂タイムの前に近くのホームセンターに買いに行きました。
またこの際電気代節約のため切れていない方も含め2つとも電球型蛍光灯に取り替えることにしました。
買った電球はあまり深く考えず、パッケージに書かれた「すぐに明るい」というキャッチコピーに釣られて
東芝製電球形蛍光ランプ「ネオボールZリアル」を買いました。
この手の電球型蛍光灯はスイッチを入れても暫らくは気合が入らず「ボァ~ン」と薄ら明るいという悪い印象が強かったからです。
b0088521_23413587.jpg
まずパッケージから出してみてその小ささに驚きました。
写真の左側が切れた白熱電球で右が電球型蛍光灯です。
明らかに電球より小さい。
また電球に見違える程そっくりに作っています。
(あ、それで「リアル」か、、)
さて肝心の光り始めの立ち上がりの早さはどうだったかと言いますと、、
確かに昔使っていたこの手の物と比べて早くなったと実感できます。
しかし昔「ボァ~ン」だったのが「フゥ~ン」に変わったかな?というぐらい微妙な改善具合で、
スイッチを入れたとたん「バシーッ」と100%全光で照らす白熱灯と比べると気合の入り方が違います。
まあ、浴室では比較的長い時間滞在するためこの立ち上がりの遅さはあまりデメリットになりにくいのですが、
もし滞在時間がより短いトイレや廊下での使用だったら印象の悪化は免れません。
しかしそもそもうちのトイレは人感センサー付の器具で調光(ジッとしていたらちょっと暗くなって教えてくれる)が付いているため使用不可、また廊下の照明もすべて大幅に小さいミニクリプトン球(E17口金)使用の機種の為、取り付け可能な電球型蛍光灯はありません。
政府は環境立国へのポーズのため「白熱灯の全廃」をアピールしてますが、この電球型白熱灯ではちょっと荷が重過ぎるではないかと思ってしまいます。
そうこうしているうちに、LEDという新しい技術がヒタヒタと猛追しているのも事実です。
[PR]
by jojojojou | 2009-01-21 23:40 | DIY (自分でできるかな?) | Comments(2)

「おいしいパン」 プロジェクト その4 ~カレーパン編~

カレーパンは昭和の初期、ロシア料理のピロシキにヒントを得て、当時人気のあった洋食のカレーとカツレツをアレンジして誕生したそうです。
確かにパン生地を使っていてパンなんですが、油で揚げていることからどちらかといえばドーナツの部類に近いのではないでしょうか?

私は今までカレーパンは好んで食べる方ではありませんでした。

市販品はどうも生地が油っこい印象で、中のカレーもご飯にかけた方が合ってると思っているからです。

しかしカレーパンを作る必要性が発生しました。

昨晩作ったカレーが余り、このままでは今晩もまたカレーライス!という状況になってしまったのです。
「おいしいパン」プロジェクトの趣旨とは多少外れますが背に腹はかえられません。b0088521_19173561.jpg

ホームベーカリーのパン生地コースで作った生地を使い餃子のようにカレーを包み揚げただけで思ったよりも簡単に出来たんですが、
食べてみて驚きました。
カレーとフカフカで香ばしいパン生地がとても合って美味しいんです!

そういえばカレーの本場インドでは付け合せにご飯だけではなくパンの一種であるナンやチャパティを食べます。
カレーパンは意外と正道を行っているのかもしれません。
[PR]
by jojojojou | 2009-01-20 19:17 | おいしいパンプロジェクト | Comments(2)

白くまくんからの連絡

昨年の暮れ、洗濯物乾燥室に日立製のエアコンを設置しました。
いろいろ研究して他社より除湿性能が抜きん出た「カラッと除湿」機能搭載機種を選びました。
設置後自慢の「カラッと除湿、快速ランドリーモード」(名前は凄い!)で洗濯物を乾かそうとしたところ
内壁に大量の結露が発生して使い物にならなかったというのを書きましたが、、

先ほど日立のエアコンの設計の方からその事について直接電話を頂きました。

その方の説明によりますと、「カラッと除湿、快速ランドリーモード」はうちのような全館暖房の家は想定されてなく、外の温度が20℃以下の場合、最初の30分間は室温を上げるため無条件に「強」暖房運転になるそうです。
局所間歇暖房の家の6畳程の部屋で30分の暖房運転ではさほど室温は上がらないでしょうが、
うちの洗濯物乾燥室は常時20℃前後を維持している上に3畳程の広さしかないため30分も暖房運転をされると30℃にも40℃にもすぐ達してしまいます。
しかも暖房運転中は除湿運転とサイクルが逆になりますので、当然1滴も除湿されません。

濡れた洗濯物からは常に大量の水分が水蒸気になって供給されつづけますので、室温と温度差が出来た窓や内壁面に結露したということです。

そこで対策として運転を制御しているプログラムを変更して最初の30分の暖房運転を外せないか検討してくれているそうです。

確かに今まで洗濯物を干す環境はどちらかといえば家の端っこの寒い所が殆どだったのでしょう。
この「ランドリーモード」は好評で除湿されすぎて困るというクレームは在ったが、室内に結露が発生したというのは初めてだったそうです。

   もっと働けよ、白くまくん
[PR]
by jojojojou | 2009-01-19 15:08 | 入居後の疑問 | Comments(10)

オガファーザーの手入れ

以前2階の大窓取替え工事の際、壁紙のオガファーザーにも雨だれのシミが多数付いていたためその部分は新たに張り替えて再度塗装をしてもらいました。
そして塗装屋さんに余った塗料を小瓶に分けてもらっていました。

オガファーザーに塗る塗料はチョークが主原料の「デュブロン」という塗料で、それだけでは真っ白なので、「ウラ」という10色ある専用の顔料を加えて色を出します。

その色の調合がチョー難しいのです。

メーカー、リボス社のカタログにはウラを1%とか3%とか配合した時の色見本がありますが、同じ色を再び作れと言われても、恐らくシロウトには不可能と思われます。

塗装屋さんに話を聞くと、下地のオガファーザーもロットにより微妙に色が異なるし、デュブロンもウラも若干違う場合があるそうです。
また塗った直後の濡れた状態と乾燥して仕上がった状態ではまた色がぜんぜん違うから、色合わせは焦らず時間をかけて何回も調合するのがコツだそうです。

そうして出来上がった貴重な色合わせ済みの塗料を使って、今回住み始めてから今までで出来た汚れやシミの部分の補修(タッチアップ)をしました。b0088521_23232486.jpg

階段の腰壁端部の角はどうしても手垢や擦れによる汚れが付いてしまっていましたが、1回の上塗りでサッと消すことができます。
ちょっと快感。
現在の住宅に使われている内装材の多くはメンテナンスフリーです。
いえ、正しくはメンテナンスをして長く使うという概念がありません。
というのもその質感や風合いは数ミクロンのフイルムで形作っているためにフイルムが劣化した段階で全部を新換えするのが基本です。
[PR]
by jojojojou | 2009-01-15 23:18 | DIY (自分でできるかな?) | Comments(2)

高高? 中中?

よく住宅関係の掲示板を見ていると「高気密、高断熱」の家を略して「高高」という言い方がよく使われています。
(決して女性が結婚相手に求める「高い学歴、高い身長」ではありません。)

そういう掲示板の状況は「高高」は所詮贅沢かつ自己満足的なオプションで一般的な家(中気密中断熱、略して「中中」)で十分であるという意見が大勢を占めているようです。

確かにそれは言えてます。

よく家の性能を車の性能になぞらえて言われることは、カローラとフェラーリ、どちらも車ですがフェラーリの方が遥かに高級なエンジンや車体性能が奢られています。
しかし日常生活で両車を使うならまったくその高性能ぶりを発揮する機会がなくむしろ使い勝手や燃費などでカローラの方が勝るでしょう。
しかしひとたびサーキット走行など車の性能がもろに出るシュチュエーションでは全く逆転してフェラーリが有利になるものだと思われます。

つまり使われ方によってその価値は容易に逆転するということではないでしょうか?

車の例を住宅の話に戻しますと、、車の「日常生活での使用」が住宅の「局所間欠暖房」でサーキット走行というのが「全館連続暖房」に当てはまるものと思います。

「中中」で十分というご意見は局所間欠暖房下では至極当然であります。b0088521_16534393.jpg
ただやはり局所間欠空調での住まい方でも気密性はある程度重要と思います。
よく気密性能が劣る家は隙間だらけで室内の換気が十分に行われていると思われがちですが、(本当に隙間風が通り抜ける場合は別として)実はそういう僅かな隙間で行われる換気というのはミクロ的なショートサーキットが殆どで換気としては非常に効率が悪く不十分なものと言えます。
換気機器メーカーに言わせるとC値が2以上の家では十分な計画換気が行えないと言ってます。
(だからメーカーはやたら大容量の換気装置を推奨する傾向があります)
効果的に換気するためには高気密な家で換気装置を入れるか、窓を開けたり隙間風が入るぐらいの低気密の家にするしかありません。
 次に壁内結露の懸念です。
湿気というものは空間中で均一になろうとします。
また水蒸気の粒子は本当に小さいので意識的に水蒸気を通さないバリアを作ってやらないと針の穴のような僅かな隙間からでも流入してしまいます。
そういう意味では中気密という言葉の概念は全く成り立ちません。
水蒸気の流入で困るのは温度が下がると空気中に居れなくなって結露水になってしまうからです。
木造や鉄骨造りの家で高気密にしようとするとビルダーの高いノウハウと理念、実際作業する作業者の経験と高いモチベーションが必要です。
うちのようなRC外断熱ではRCのモノコック構造ですので一丁上がりで気密はOKですが、断熱性能が本当に重要です。
というのも生まれながらにサーキット走行を余儀なくされているからです(涙)。
[PR]
by jojojojou | 2009-01-10 16:54 | 住環境について考える | Comments(3)


検索
最新の記事
生物テロの攻撃を受ける その後
at 2017-10-07 16:14
生物テロの攻撃を受ける
at 2017-10-06 13:14
次は中国
at 2017-09-20 21:47
もしフィリピンに生まれていたら?
at 2017-09-04 17:30
8月最後の日、躯体冷却終了
at 2017-08-31 13:16
パンガシウスの蒲焼
at 2017-08-03 13:46
黄色い繋がり
at 2017-07-25 23:07
自宅をWi-Fiで塗りつぶそう
at 2017-07-09 23:15
タマリュウが大変なことに、、
at 2017-07-01 11:47
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析