RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2010年クリスマスイルミネーション

今年は3階窓から滝のように落ちる(5本しか無いけど、)フォーリングライトを追加しました。
家人は白と青の2色のモノを強く推したのですが、ここはクリスマス、
青と白の電飾は確かに鮮やかで商店の飾り付けにはいいのですが、宗教上カジュアルすぎます。
敬虔な信者としてはここはフォーマルな電球色を譲るわけにはいきません。
(浄土真宗ですけど、、)
b0088521_12351877.jpg

結構苦労して取り付けたんですが、点灯してみるとしっかり2階の窓からの明かりに被ってそれほど目立ちません(涙)。
うちの場合植栽の電飾を充実させた方が費用対効果が高いようです。

来年はもうちょっと工夫してみたいと思います。
(こうやって「どつぼ」に嵌って気づいたらパチンコ屋さんのようになってるんですよね。)

  <関連記事>
 クリスマスイルミネーション (2009/12/08)
[PR]
by jojojojou | 2010-11-29 13:00 | DIY (自分でできるかな?) | Comments(0)

平年並みとは?

おととい発表された向こう3カ月の長期予報によりますと、
12月が平年並みの寒さかもしくは少し寒め、
1月が平年並みの寒さ、
2月が平年並みか少し暖かい確率が高いそうです。

しかしこの長期予報には落とし穴がありまして、、
平年並みというのは一体いつの気象データを使われているかといいますと現在使用されているのはなんと1971年から2000年までの今から10年以上前の気象データなんです。

10年前と言いますと今ほど都市化や地球温暖化とか顕著に現れていないころのデーターで今よりもずっと寒い値です。
例えば神戸での最低気温が0℃以下の真冬日の1カ月当たりの数は昔のデータでは10日以上あったのにここ数年では僅か2日ほどしかありません。
そういえば昔は水たまりの氷ももっとしっかり張っていたような思い出があります。

したがって長期予報で言います「平年並みの寒さ」というのは最近で言います「ここ数年で1番の寒さ」にあたり、「平年より寒い」とは「10年に1度の大寒波」と読み解くことができます。

なお、長期予報に使用されます参照データは10年ごとに更新され来年からは1981年から2010年までのデータが使われるのでそういう不具合は幾分緩和されるでしょう。
b0088521_2103776.jpg


12月上旬に我が家の主暖房はハイパーヒーティングシステムからエコヌクールにバトンタッチされますが、エコヌクールにはいきなりのフル運転を強いる必要がありそうです。
[PR]
by jojojojou | 2010-11-27 21:00 | その他 | Comments(2)

ルンバ無料オーバーホールより戻る

iRobot社の日本での正規代理店「セールスオンデマンド社」から買ったルンバには購入してから1年後に無料でオーバーホールをしてくれるサービスが付いています。
数が出る家電製品には非常に珍しいサービスですが、それだけ生活に身近でかつ過酷な使用条件下で稼動しているので、部品や内部のプログラムの改良をスピーディーに反映させなければすぐにクレームの火だるまになってしまうためこういう手厚い環境が整えられているのでしょう。
恐らく他の家電製品のように1年間のメーカー保証だけ付け、安価で売りっぱなしの売り方だったら今日のような成功はありえなかったのではないかと思います。
(しかしそれを加味しても正規品は高い!)b0088521_2313426.jpg

さて人間ドックじゃなかったルンバドックから帰ったルンバは綺麗に掃除されまるで新品のようです。
取れていた頭のセンサーカバーもセンサーごと新品に交換されているようです。
b0088521_23415682.jpg

あとルンバの裏側のごみを掻き出すブラシ類が新しいデザインに変更されました。
本体はブラシユニット(写真の緑のパーツ)ごと改造され、更に予備ブラシがサービスで付けられていました。

より耐久性と静音性がましたそうでこういう改良が受けられるのは値段が高かった正規品ならではないでしょうか。
(しかしそういうことをすべて勘案したとしても正規品はやっぱり高い!)

 <関連記事>
 お掃除界のジャンヌダルクや! (2009/12/26)
[PR]
by jojojojou | 2010-11-20 23:40 | 使い勝手 | Comments(4)

現状の外断熱RCは危険な建物

またビル火災です。
中国上海の28階建て高層住宅の外断熱補強工事中の建物で火災が発生し49人の住人がお亡くなりになったそうです。
b0088521_11585921.jpg


逃げ遅れた方々が屋上へ上がり助けを求めたが、凄まじい炎でヘリコプターでさえ一時近づけなかったと伝えています。
こちらのページに外断熱の建物の火災のメカニズムが解説されています。
それによりますと断熱材と外装材との間に空気層を設けていると危ないと書かれています。
うちは正にこれに当たるんですけど、、。

と、上まで書いて我が家の外断熱施工者の谷水加工板工業のTさんにご意見をお伺いしたところ、
「確かにjojojojou様宅の外断熱パネルには通気の為に外装材と断熱材の間に通気溝を設けていますが外装材と断熱材が密着している部分と比べて極々僅かな面積比率しかなく、スペース的に炎が広がるような部類のものではありません。」とのことです。
また日本のJIS規格のXPS、EPSであればその燃焼性の規定
『3秒以内に炎が消えて、残じんがなく燃焼限界指示線を超えて燃焼しないこと』
という条件が満足されている筈とおっしゃられておりました。
まあ上の基準はあくまで断熱材の性能基準であってどれだけ実際の建築部材としての難燃性能に効力があるかわかりませんけど。

 <関連記事>
 ビル火災 再び。 (2009/02/13)
 燃ゆる外断熱 (2008/01/26)
[PR]
by jojojojou | 2010-11-16 11:59 | 外断熱RCについて考える | Comments(6)

データーロガーを買い足す

床暖房の熱源を換装するにあたりその雰囲気を掴むためデーターロガーを買い足しました。
今まで持っていたものは室温や外気温を計測するには適したものでしたが、
配管中を流れる流体の温度や床表面の温度を計測するには不適でした。
そこでセンサー部分が独立したプローブを有するデーターロガーを2ケ追加購入しました。

Lascar社製 EL-USB-TC-LCD

b0088521_025187.jpg以前購入した時には確か金額がUS$表示だったためLascar社はてっきりアメリカの会社と思っていましたが実は英国でした。
今回すごく安くなっていてビックリしたのですが何てことはなく表示を英ポンドに換えただけで値段は殆ど一緒でした。
b0088521_082031.jpg

とりあえず今はまだヒートポンプは入れていないので、現状のハイパーヒ―ティングシステムの行きと帰りの配管に取り付け現状がどれほどの運転がなされているか掴んでおきます。

 <関連記事>
 躯体冷房(冷却)の可能性を求めて (2010/05/10)
[PR]
by jojojojou | 2010-11-14 00:02 | 床暖房熱源換装計画 | Comments(3)

SANYOよ永久に!

SANYOが昨日から売り出した「お米」からパンが焼けるホームベーカリー(HB)に予約が殺到しているそうです。
うちは今 金欠状態でとてもこれを買える状態ではないですが、床暖房プロジェクトがもし無かったら在庫がある店を探していたかもしれません。
b0088521_7381871.jpg従来から米粉を使ったパンが焼けるHBはありましたが、それは既に粉にした米粉を用意する必要がありました。
しかし本機はその必要が無く「お米」からちゃんとパンを作れるそうです。
思えばうちはなんやかんやとSANYOブランドを支持してきました。
電子レンジは温める品物の温度をピタリと捉える優秀な赤外線温度センサーを装備していましたし、
炊飯器は短い時間で美味しく炊ける圧力式でしたし、
デジカメも他社に先駆けて動画に長けていました。
発電効率が優れているので太陽光パネルもこのブランドにしました。

来年の4月に原則的にSANYOというブランドは消えて親会社のPANASONICに統一されるとの事です。
私たちの家電への選択肢が一つ失われたようで非常に残念な気分です。
国力が徐々に衰退していくというのは実はこういうことで実感するものなんですね。

 <関連記事>
 炊飯器買い換える (2008/02/16)
 太陽光発電とモラルのモニュメント (2006/12/07)
[PR]
by jojojojou | 2010-11-12 07:38 | 食へのこだわり | Comments(0)

エコヌクールの暖房出力は大丈夫か?

エコヌクールはヒートポンプシステムですので暖房出力は外気温の影響を受けます。
下のグラフは採用予定のエコヌクールピコ50畳タイプの外気温による最大暖房出力の変化を表したものです。b0088521_21143381.jpg
それによりますと外気温が0℃の時には暖房出力は約6.6kWしかなく、昨日求めた比較的寒かった2010年1月期の暖房出力(56.7kWh)を得るには8時間35分掛かることになります。

現実的には深夜電力帯のみならず足らない熱量分を次に電気料金の安い時間帯(リビングタイムAM7時~AM10時)の運転で補足するタイムスケジュールが現実的のようです。
その運転では外気温が0℃時72.6kWhまで暖房可能です。
COP1のハイパーヒーティングでは電気料金単価が1/3の深夜電力帯しか稼動させる気は起こらなかったのですが、COPが2.5~3を期待できるエコヌクールではその呪縛から開放されることがもっとも大きいです。
[PR]
by jojojojou | 2010-11-09 21:14 | 床暖房熱源換装計画 | Comments(0)

綱渡りの暖房容量

この家に住みだしてから使っている暖房は「ハイパーヒーティングシステム」の深夜電力帯での稼動のみです。
2007年春に引き渡されその年の暮れまでは順調だったのですが年が明けてからは室温が下がり始め2月には2階リビングが低い時で16℃にまで低下してしまいました。
そこでその年(2008年)の3月、それまでのヒーター出力が6kWだったのを8kWに増強しました。
それから2シーズン冬を越しましたが2階リビングの室温はほぼ20℃をキープできています。

しかし解せません、うちの家のQ値は1.75です。
したがって外気温の平均気温を5℃とすると室温を20℃に保つために必要な熱量は

1.75x42.5(坪)x3.3(m2/坪)x(20-5)x24h÷1000=88.4kWh で、

ハイパーの深夜電力帯(8h)の運転で得られる熱量

8kW x 8h=64kWh ではまったく足らない筈なのです。

もちろん上記の計算には日射の進入や生活熱による熱量取得や冬季に24時間換気の運転モードを最微弱に絞っている影響は加味していません。

ここ2シーズンが暖冬だったのでしょうか?
ちょっと気になり気象庁HPから神戸の過去5年12月から2月の日ごとの最低気温をプロットしてみました。
それぞれの薄いラインは実測値、濃い線はそれの近似線です。蓄熱暖房という性格上実測値のピークを追うことよりも全体の傾向を掴める近似線の方がより現実に即していると思われます。
b0088521_1910395.jpg
確かに室温が16℃にまで下がった2008年2月期(図中緑のラインの右寄りの部分)は相当寒かったことが分ります。

あとそれぞれの月の電気料金明細から1日当りの深夜電力使用量を書き出してみますと、

2007年12月 61.4 (kWh/day)  暖房出力 6kW
2008年 1月 63.7
2008年 2月 66.9
---------------------------------------------------------------------------------------------
2008年12月 57.8 (kWh/day)  暖房出力 8kW
2009年 1月 69.3
2009年 2月 61.9

2009年12月 61.9
2010年 1月 75.6
2010年 2月 60.5

室温が徐々に低下した2008年2月期は恐らくハイパーは一杯一杯だったでしょうから、
暖房以外の深夜電力使用量は、

66.9(kWh) - (6kWx8h) = 18.9kWh と考えられます。

その値を使い上記のグラフ中、次に温度傾向が低い2010年1月期(オレンジのラインの真ん中らへん)の暖房熱量は下記のように推測できます。

75.6(kWh) - 18.9(kWh) = 56.7kWh

8kWヒーターでのハイパーが供給できる熱量64kWhに迫る値です。
恐らく2010年1月期ぐらいの寒波が8kWヒーターハイパーの一杯一杯だったのかもしれません。

とてもドカ雪が降った2005年12月の寒波(ブルーライン左側)は持ち堪えられないと考察できます。
[PR]
by jojojojou | 2010-11-05 19:14 | 床暖房熱源換装計画 | Comments(15)

エコヌクールの資質

三菱電機「エコヌクール」は床暖房のシステムです、基本的に。
しかしその原理は熱を交換するヒートポンプという技術に基づいております。
したがってこのシステムを暖房だけに使用するということはそのシステムがもつ資質の半分しか利用していないに等しいと言えるのではないでしょうか?

しかしです、現在のエコヌクール設計陣はこの片輪である筈の冷房(冷水)運転にあまりに冷酷です。

数年前までは自社のエアコン「霧が峰」とのタッグ製品がラインナップされていましたが今はありません。
現状のエコヌクールの冷水運転自体も風前の灯的存在で冷水運転をさせるためにはメインの床暖房の制御システムを諦めないと設定できません。

確かにエアコン専用機と比べ効率的にも価格的にもかなり不利でしょう。
しかし逆に冷温水にしか出来ないこともあるはずです。

売れるからと言ってただ単なる暖房機に成り下がらないで欲しいです。
ヒートポンプシステム「エコヌクール」
その名には環境問題、省エネ改革への思いが託されているように思えてなりません。

b0088521_1913295.jpg
 
[PR]
by jojojojou | 2010-11-04 14:02 | 床暖房熱源換装計画 | Comments(24)

巨大オクラ昇天す。

b0088521_15183089.jpg



風の強い晩秋のある日、自家採種のため延命させていた巨大オクラ「スターオブデービット」が終に天に召されて行ってしまいました。

ありがとう!オクラ!

キミの後には「サンチェ」を植えるよ。

[PR]
by jojojojou | 2010-11-02 15:19 | ものぐさ家庭菜園のこと | Comments(0)


検索
最新の記事
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
餅は餅屋
at 2017-04-03 16:18
DIY失敗
at 2017-04-03 14:45
阿蘇の旅
at 2017-03-21 21:05
次男と作るホワイトデーのお返し
at 2017-03-13 13:37
寝室テレビを買い換える
at 2017-02-28 11:04
都会で無人販売したい!
at 2017-02-18 12:43
美味しいチキンライス
at 2017-01-29 08:48
恐るべし臼杵!お魚食べ放題の店
at 2017-01-22 14:03
二十歳の君へ
at 2017-01-09 15:17
謹賀新年 2017
at 2017-01-04 13:51
電撃白浜への旅
at 2016-12-28 17:28
重曹痛快系
at 2016-12-26 11:02
白と黒のヒレ酒
at 2016-12-13 22:44
クリスマスイルミネーション ..
at 2016-11-26 21:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析