RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ガラスブロック窓の断熱強化

ホームセンターなどでよく売っている窓ガラスに直接貼り付けるプチプチシート。
しかし取り扱い説明によると Low-Eガラスに施工するとガラス内に熱線の蓄積で応力が生じ最悪な場合割れてしまうとのこと、、。
すべての窓ガラスをLow-E仕様にした我が家にはこの商品は縁が無いものと思っておりましたが、
有りました貼れる窓が、、

1階、2階、3階の階段部分に配置してます「ガラスブロック窓」です。

b0088521_13171932.jpg

早速2巻き購入。

標準的なプチプチよりプチの径が大きい7mm厚のモノです。
b0088521_13553152.jpg

水を霧吹きで噴きつけ丁度いい大きさに切ったプチプチを貼り付けます。

目地部分の凹凸が気になったのですが、なんとかガラスブロックの平坦面のみの接着力で貼り付いてくれました。
b0088521_1453349.jpg



一般的なガラスブロック(95mm厚)の熱伝導率は大体2W/m2 K
しかしうちのようなサッシ組み込みタイプのガラスブロック(50mm厚)では3W/m2 K
とお世辞にも良いとは言えません。

特に左写真の1階はウォークインシューズクローゼット内にあり冬はこの小部屋に入るときに少しヒヤッと感じておりました。
今年はこのプチプチ断熱強化で効果が体験できるのをプチ期待しています。

[PR]
by jojojojou | 2011-11-30 13:18 | DIY (自分でできるかな?) | Comments(2)

なんちゃってウッドサッシ

私がこの家の装備品などを検討していた5年前の関西地方は今ほど家の性能に厳しくなく、
サッシはアルミ、樹脂複合サッシが普通に高性能サッシとして販売されていました。

サッシメーカーのカタログを見ても断熱性能が最高クラスとしか書いて無かったですし、、
どれもそれ程差はないだろうと、深く考えずアルミ、樹脂複合サッシを導入しました。

しかし住み始めて思いました、このサッシ、あんまり高性能ではない、、。

開口部の断熱性能への不満 (実践編)

そこでサッシ枠の断熱強化を考えてみました。
b0088521_12563512.jpg

まずサッシ枠内側部分の開閉に邪魔にならない部分に厚さ3mmのゴム素材の断熱テープを貼ります。
この素材は独立気泡させたEPDMで耐候性に優れ熱伝導率も0.038W/m2Kあります。
(この厚さで大体厚さ15mmの木材と同等の断熱性を確保しています)
ただそれだけでは真っ黒でかっこ悪いためウッドテープでカバーしました。

b0088521_13262235.jpg

ウッドテープの樹種は色合いから「ベイマツ」をチョイスしましたが、とても安っぽくて失敗でした。

ここは広葉樹系を選ぶべきだった、、。

[PR]
by jojojojou | 2011-11-25 12:56 | DIY (自分でできるかな?) | Comments(6)

クリスマスイルミネーション 2011

クリスマスまで早いものであと1ヶ月ちょっとになりました。

今年は震災があり、どうしようか迷ったのですが、

神戸のイルミネーション「ルミナリエ」も元は阪神大震災で亡くなった方への鎮魂の表現として始まったとのこと。
うちも今年は慎ましく灯そうと思いました。

b0088521_11105565.jpg

「お遊び」的雰囲気を消すため、昨年導入した3階窓から降り注ぐナイアガラライトは封印し、原点回帰、ツリーのみのディスプレーにしました。


一見地味ですが、豆電球の発色に一番良く似たシャンパンゴールド色に統一したLEDを全体にゆっくり点滅させると清楚で神々しい雰囲気が漂い「鎮魂」のイメージにぴったりです。

しかし「慎ましく」と言いながら2年前のイルミネーションに比べて金襴豪華に見えるのはカメラを新しくしたせい??
[PR]
by jojojojou | 2011-11-23 11:29 | 外構関係 | Comments(2)

エコキュート省エネ化 その3 (完)

エコキュートの貯湯タンクの断熱を強化してから1週間後、
タンクの温度を測るために設置していたデーターロガーを回収しました。b0088521_11361123.jpg

エコキュートの上部カバーを開ける時、
前回はほのかに温かかったのですが今回は遮熱材アストロフォイルのお陰でそれ程温くありません。

これは効果が期待できそう、、。
計測結果は以下です。
b0088521_11474424.jpg

グラフの見方ですが、13日の昼過ぎに保温補強を実施しましたので、それより以前はノーマル状態、以後は断熱補強後のデーターです。
赤のラインが貯湯タンク頂部に貼り付けた温度データー、青が外気温のデータです。

11月9日と10日のエコキュート運転直前に湯温がガクッと下がってますが、お湯切れとかではなく恐らく運転開始とともに配管中の冷水が入り込むのをたまたま5分ピッチのデータロガーの計測が拾ってしまったのだと思われます。無視してください。

エコキュートの運転は深夜時間帯開始時刻に最高温度(グラフでは約74℃)にまで短時間で沸かされそこで運転は終わっているようです。

今回施工した保温補強の効果は最高温度から徐々に下がって行く時のグラフの傾きに現れます。

微妙で判りにくいですが断熱補強後のグラフの傾きの方がちょっと緩やかになっています。

また毎日夕刻に調理でお湯を使ったり、湯船に張ったりして湯温が急に下がるナックルポイントが読み取れるのですが、
断熱補強前は大体65℃か66℃で迎えていたのが断熱補強後はそれを68℃か69℃で迎えるように改善されています。

少々の断熱材と遮熱材での改造ですが湯温で大体3℃ほど効果がありました。


しかし幾ら省エネ機器と言われても無駄に放出している熱量が多すぎな感じです。

正しくは貯湯タンクを宅内に設置してその放熱熱量を利用し、夏はエコキュートの使用は止めて代わりに太陽熱温水器などを設置して利用するのが一番エコかもしれません。
[PR]
by jojojojou | 2011-11-21 11:49 | DIY (自分でできるかな?) | Comments(8)

またまたデジカメ、、。

またまたデジカメを買い足してしまいました。

パナソニック LUMIX DMC-G3

b0088521_1842203.jpg


奥の黒い機種が今まで使ってきたG1。

イメージセンサーが新しくなり本体も少し小さくなりました。
<関連記事>
 またカメラ買う、、。  (2010/06/25)
 コンデジ以上 デジイチ未満? (2009/06/01)
[PR]
by jojojojou | 2011-11-17 18:47 | 使い勝手 | Comments(2)

エコキュートの省エネ化 その2

久しぶりに晴れの日曜日でした。

雨続きでずっとペンディングだったエコキュート貯湯タンクの断熱補強を今日やっと施工しました。

b0088521_2264445.jpg

内面上部に遮熱材「アストロフォイル」を、
外側側面の2面に3x6、厚さ30mmのEPSを貼り付けました。
施工前後でタンクの湯温がどう変わるか考察したいと思っております。
[PR]
by jojojojou | 2011-11-13 22:04 | DIY (自分でできるかな?) | Comments(4)

エコキュートの省エネ化 その1

関西電力からこの冬も夏に引き続き節電の要請が出ました。

一般家庭、企業とも昨年のピーク時よりも一律10%節電をして欲しいとのこと。

さて夏の電力消費のピーク時間は分り易く気温が上がり冷房の使用が最大になるPM12~15時ぐらいですが、
冬の電力ピークは1日に2度あり、
朝、主に会社や工場が一斉に暖房を使い出すAM9~12時と、
夕方、一般家庭が暖房や調理に使うPM6~21時だそうです。

うちでは昨年エコヌクールの運転を極寒時深夜運転だけでは熱量が足らず上記夕刻のピーク時にも追加運転を
しておりました。
というのも今利用している電気料金メニュー「はぴeプラン」ではその時間帯が深夜時間帯の次に安いからです。
しかし今年の追加運転はピーク時の節電に協力するため昼過ぎのPM12~17時に運転させようと思っております。
電気料金単価は約30%程高くなりますが気温が高い時間帯でエコヌクールの効率が高まりそれ程電気代の違いは大きくならないのではないかと期待しております。

さて、話は変って「エコキュート」についてです。

給湯用エコキュートの運転は深夜時間帯で賄われ基本的には上記ピーク時節電にはあまり関係ありませんが、、
室外機の設置位置の関係上エコキュートの運転負荷が下がれば多少なりともエコヌクールの効率も上がるはずです。

また、調べるとエコキュートの貯湯タンクからの放熱は少なくないようです。
以下は実際にタンクの断熱強化をされた方のブログです。

 楽しいロハス(LOHAS)な毎日 「エコキュートからの放熱確認(雪は放熱のバロメータ)」

 海を眺めながら・・・ 「エコキュート断熱追加」

上の方の雪が融けている写真はすごく説得力があります。

そこでうちのエコキュートの貯湯タンクも天井部分の温度を測ってみました。b0088521_10325856.jpg




高い所で33℃程あります。

触ってみてもほのかに温かい。

これは雪も融けるわな、、。
次に天井部分の蓋を開放して中がどうなっているのか見てみました。
b0088521_10373733.jpg
このエコキュートは三菱SRT-HP43WZ1 というタイプで、当時一番スリムなタイプでした。

スリムにした関係上内部空間に余裕が無く上の方のエコキュートとは違いEPSできっちりと隙間無くタンクは包まれているようです。

さてどのように断熱強化するか思案中です。
[PR]
by jojojojou | 2011-11-05 08:33 | DIY (自分でできるかな?) | Comments(10)


検索
最新の記事
列車とお客様とが接触
at 2017-12-12 08:14
宝くじ買う
at 2017-11-27 16:36
クリスマスイルミネーション ..
at 2017-11-26 17:48
玉ねぎ白ネギ化作戦
at 2017-11-16 21:12
ルーフバルコニー用デッキチェ..
at 2017-11-05 20:24
タマリュウ隆盛
at 2017-10-29 21:18
台風21号の爪痕
at 2017-10-23 22:32
床暖房の電源ON
at 2017-10-22 23:54
生物テロの攻撃を受ける その後
at 2017-10-07 16:14
生物テロの攻撃を受ける
at 2017-10-06 13:14
次は中国
at 2017-09-20 21:47
もしフィリピンに生まれていたら?
at 2017-09-04 17:30
8月最後の日、躯体冷却終了
at 2017-08-31 13:16
パンガシウスの蒲焼
at 2017-08-03 13:46
黄色い繋がり
at 2017-07-25 23:07
自宅をWi-Fiで塗りつぶそう
at 2017-07-09 23:15
タマリュウが大変なことに、、
at 2017-07-01 11:47
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析