RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いつか来た道

2012年のジュネーブショーでインドの財閥系自動車会社「タタ」から
1台のコンセプトカーが展示されました。
タタ社と言えば数年前に車両価格が20万円を切る車を発表したと話題になった会社なんですが、、
その車は見るからにオモチャみたいな代物でインド国内では通用しても
品質にうるさい我々日本人には縁遠い車に思えたものです。
その同じ会社が(コンセプトモデルとはいえ)今では下のような車を展示するようになりました。
b0088521_2117427.jpg
驚くべきは外観デザインではなくその技術的戦略が実に的を得ているということです。
この車のカテゴリーはもうすぐ日本でも発売されるBMW i3と同じ
レンジエクステンダー付きのEVです。
このレンジエクステンダーとは発電するためだけに積まれる小さなエンジンのことで、
EVのネックである1回の充電で走れる距離が短いという欠点を補ってくれます。
つまりはこの種の車の普及には充電設備インフラの不備は大きな障害にはならないということです。

加えて制御システムのソフトさえ整備すればハード面では部品点数も今の車より少なく簡単で
車のコモディティー化が一気に進むのではないかと思ってしまいます。

このパターン、過去にTVや携帯端末などで日本が痛い目にあった同じ道ではなぁ~い?

日本では早くからEVが発売されましたが、
充電インフラの未整備がネックとなって普及が遅々として進まず。
部品点数が多く製造に高い技術が必要で高価なハイブリット車がもてはやされていますが、、

このタタ社や同様の車を開発しているスズキが安価なEVを発売したら
その価格によっては車の世界的な構図がガラッと変わってしまうのではないかと危惧します。
[PR]
by jojojojou | 2014-05-29 21:51 | | Comments(0)

ゴキブリ考察

尾道出張中の我が身に昨日家人から「ゴキブリが出た」とのメールが来ました。
詳しく聞くと、
2階リビングに出没したGに対し息子たちは頼りにならず
家人がハエ蚊用のキンチョールを掛け捲ったそうな、、。
必死な形相でドタバタしている姿が思い浮かび
すまないなーと思いつつちょっとクスッとしてしまいました。

さてこのブログの過去の記事を検索すると建物内でGに遭遇したのは今から5年前に遡ります。

過去記事 本当は顔も見たくない!(2009/09/29)

住宅の高気密化が進んでいるとはいえ奴らの外界からの侵入を完全にブロックすることは
かなり困難と思えます。(なんせ1、2mmの隙間があれば容易に通過するらしい、、。)
大事なのは進入したGを宅内で繁殖させないこと。
それに有効な対策は奴らが身を隠すことが出来るスペースを極力減らすことと思えます。

その点で言えば躯体がモノコック構造の外断熱RCは基本的に有利で
フローリング直貼りの床面や壁紙直貼りの壁面には原則スペースは存在しません。

それから食器棚など家具類を出来るだけ造り付けにすればなお良いです。
造り付け家具は区画ごとの密閉度が高く作られていて
Gに対する耐性が比較的高い構造になっているからです。

週末に帰宅した際にはGに対して唯一脆弱と思われるユニットバスの湯船の裏のスペース
(前回もその部分にGの糞があった)を点検してみたいと思います。

b0088521_1393162.jpg
(お口直しに、、)
左は因島のとある工場の隣のみかん畑に咲いていたみかんの花です。
工場内はみかんの花の甘い香りで満たされておりました。

ITが発達し画像や動画や形が伝達できるようになっても
その香りまで伝えられるようになるには
なお幾つもの技術的ブレイクスルーが必要でしょう。
そんなことを妄想してしまうぐらいみかんの花の香りは驚くほど新鮮でした。
[PR]
by jojojojou | 2014-05-28 13:09 | 暮らし心地 | Comments(0)

これ良いよ。 お買い得。

b0088521_21365693.jpg
幾ら強制クリーニングを実行してもヘッド詰りで綺麗なカラー印刷が出来なくなったプリンター CANON MP630
もう購入してからかれこれ5年経つので寿命か?
b0088521_21404154.jpg
新しく買ったのは訳有って現行品ではなく一つ前の機種の
MG5430
しかも中古なので送料込みで
5702円

実はキャノンのプリンターは現行機で型式が一つ繰り上がっているんです。
つまり今回買ったMG5430の後継機はMG5530ではなくMG6530。
新品の時には最上機種のMG6330とほんの数千円しか違わなかった2番手のMG5430が、
中古の今では廉価グレードのMG5530(中古)より安い値段で買えてしまえます。
しかも後継機種MG6530はインクがもう1色増えてランニングコスト的に不利な6色仕様になってしまった、、。
プリンターは毎年新製品が出ますが、既に性能、機能が出尽くして頭打ちの消耗品と考えると、
ベストバイです、たぶんこれ。
[PR]
by jojojojou | 2014-05-23 21:43 | 使い勝手 | Comments(0)

ビールの香りのコンポスト!?

いつもは捨てている自作ビールの沈殿オリ。
このオリの成分は生きた酵母菌と香り付けのポップです。
酵母は体に良さそうなんですが、とても苦くて再利用不可なんです。
b0088521_164295.jpg

そこで菜園のコンポストの中に混ぜてみました。
b0088521_16462683.jpg

ほんのりとビールの香りがして良い感じ。
土壌中の微生物の配分が変化して連作障害の防止に役立たないかな~
[PR]
by jojojojou | 2014-05-21 16:46 | ものぐさ家庭菜園のこと | Comments(0)

空気が乾燥しております。

b0088521_1703984.jpg

空気が乾燥しています。
温度湿度計の外の湿度は20%以下を意味する「Lo」表示です。

この乾燥した状況でどういうような仕事があるのか??
まぁ~とりあえず、、
収穫時期を迎えた花壇に植えたニンニクの収穫。

b0088521_17205086.jpg


それから、、
だいぶ前に茎葉が倒伏して収穫時期を迎えていたのに、
まだ玉が大きくならないかと貧乏根性で粘っていた玉ねぎの収穫。

b0088521_17281225.jpg


b0088521_17321779.jpg

いえいえ、まずは乾燥した喉を潤さないと、
(またビールかい!)

収穫したての新ニンニクの素揚げと共に。
[PR]
by jojojojou | 2014-05-19 17:33 | ものぐさ家庭菜園のこと | Comments(0)

ビールに纏わる誤解

生ビールの「生」の本当の意味。
市販ビールは原則的に瓶詰ご発酵が進み品質が変化することを防ぐ目的で
酵母菌を加熱して殺し瓶詰しておりました。
それが濾過技術が発達して加熱せずとも酵母菌を除去できるようになったため、
「非熱処理」という意味で「生ビール」という名称が付けられたそうです。
ですから酵母菌が生きて入っているという意味ではありません。

ビールの泡は天然由来?人工添加?
ビールの泡の正体は元々は酵母菌が糖を発酵させる際にできる二酸化炭素です。
しかし市販のビールは前出の熱処理やフィルター処理で二酸化炭素も抜けてしまうため
瓶詰の際人工的に添加しているそうです。

日本で売られているビールは殆どラガービール
ビールの種類を大まかに分けると、
酵母菌が底の方で発酵するラガー酵母を使ったラガービールと
上面で発酵するエール酵母を使ったエールビールに大別されます。
それぞれの特徴はラガーは淡麗でのど越しを味わうタイプ。
エールは芳醇で華やかな香りとコクを味わうタイプです。
残念ながら日本ではエールビールは殆ど手に入りません。
底面発酵のラガー酵母は大工場の大量生産に向いているのです。

b0088521_195727.jpg
我が家の秘密の醸造所では最大需要期を控えフル生産体制です。

酵母菌が生きていて、
天然の泡で、
フルーティーなアロマホップを目一杯効かせたエールビール(命!)を。
(注)アルコール度数1%を超えるお酒の自家醸造は違法行為であります。
添付されているマニュアル通り規定度数を超えないように注意して作りましょう。
国税庁HP出典)
[PR]
by jojojojou | 2014-05-14 19:57 | 食へのこだわり | Comments(0)

3階バルコニー隊更新!

b0088521_169281.jpg枯れた!


※パッションフルーツはやはり越冬できず。
b0088521_1653283.jpg注文!


※昨年買ったホームセンターではまだ入荷が無く、宝塚のネットショップから購入。
b0088521_1654563.jpg植え付け


※今年はなんとか果実がなるまで育てたい。
b0088521_1655833.jpg枯れた!

※イチゴ隊玉砕、、。
b0088521_1661372.jpg注文!

※昨年種籾を少量譲っていただいた同じ方とお取引。
プロが作る苗は格段に良い!
b0088521_1662923.jpg植え付け

※もち米の苗です。
昨年収穫した米はおにぎりにして食べましたが今年は目標鏡餅。
b0088521_1664545.jpgムべ隊 : 堅調に推移

※暖かくなり盛んにツルを伸ばすようになってきました。
上手に誘導して緑のカーテンに近づけたい。
[PR]
by jojojojou | 2014-05-12 16:22 | ものぐさ家庭菜園のこと | Comments(0)

ナメた野郎との戦い

b0088521_13115740.jpg
2、3度種を蒔き直ししているのですが、枝豆の芽が出揃いません。
出芽はするのですが手前の左側の2ブースだけは双葉が展開する前に夜中何者かに食べられて気づいた時には棒1本の状態なんです。
b0088521_13173453.jpg
よく観察するとテカテカの痕跡が、
そう犯人はナメクジと思われます。
b0088521_13195019.jpg
そこで近くのホームセンターから誘引駆除の農薬を買ってきました。

この農薬は水に濡れると効果が無くなるそうなので農薬を収納させる蓋付カップとそれを固定する釘も準備しました。
b0088521_13244664.jpg
カップの底部には釘が通る孔を、サイドにはナメクジの出入り口を作ります。
b0088521_1326584.jpg
設置した次の日の朝効果を確認したところ凄まじい効果です。
(おぞましくてアップしませんが、、)20匹近くが息絶えておりました。
[PR]
by jojojojou | 2014-05-06 13:31 | ものぐさ家庭菜園のこと | Comments(0)

24時間換気装置のフィルター

b0088521_1995796.jpg
24時間換気装置のフィルターの掃除を促すランプが点滅しました。

うちの換気装置は協立エアーテック「換気丸」という機種です。
b0088521_19121728.jpg
換気装置本体は洗面所の天井裏に設置されており、点検口でアクセスできます。

爪を引っ張って外気フィルターユニットを引っ張り出します。
b0088521_19151411.jpg
見よ!この汚れっぷりを!

いつもの様に石鹸を使い水洗い、
その後乾燥させて復旧させるのですが、、洗って乾燥後、スペアの新品フィルターと比較すると、なにかおかしいぞ!?
b0088521_1918956.jpg
幅が広くなって全体的に薄く変形しています。
まあ7年も使い続けたから寿命か?
メーカーのHPでは約1年から2年で交換となってました(汗)。
古いモノは捨ててスペアのフィルターを設置して復旧させました。
b0088521_1924013.jpgメーカーのHPの問い合わせフォーム経由で新たなスペアフィルターを注文しました。
しかしこのメーカーのメールのレスポンスは信じられないほど悪く、2週間経っても梨の礫、止む無く同社大阪支店に直接電話して照会してもらいました。

室内からのエアーの集塵フィルター(黒い方)とセット、送料込で2,160円でした。(高!)

[PR]
by jojojojou | 2014-05-01 19:24 | 使い勝手 | Comments(0)


検索
最新の記事
玉ねぎ白ネギ化作戦
at 2017-11-16 21:12
ルーフバルコニー用デッキチェ..
at 2017-11-05 20:24
タマリュウ隆盛
at 2017-10-29 21:18
台風21号の爪痕
at 2017-10-23 22:32
床暖房の電源ON
at 2017-10-22 23:54
生物テロの攻撃を受ける その後
at 2017-10-07 16:14
生物テロの攻撃を受ける
at 2017-10-06 13:14
次は中国
at 2017-09-20 21:47
もしフィリピンに生まれていたら?
at 2017-09-04 17:30
8月最後の日、躯体冷却終了
at 2017-08-31 13:16
パンガシウスの蒲焼
at 2017-08-03 13:46
黄色い繋がり
at 2017-07-25 23:07
自宅をWi-Fiで塗りつぶそう
at 2017-07-09 23:15
タマリュウが大変なことに、、
at 2017-07-01 11:47
外断熱は何のため?
at 2017-06-15 13:08
もうあかん!
at 2017-05-29 18:36
ゴールドクレストとタマリュウ
at 2017-05-08 14:06
転ばぬ先の杖
at 2017-04-26 14:47
2016 - 2017 暖房終了
at 2017-04-18 16:32
ヒエラルキーの崩壊
at 2017-04-12 22:54
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析