RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

床暖房考察

我が家には1階と2階の床面にハイパーヒーティングシステムという躯体埋め込み式の床暖房システムを導入しています。
3階床面はあえて設置しておりません。それは3階の南半分がルーフバルコニーになっていて効率が悪いのと3階まで上げると温水の循環ポンプの負荷が上がりポンプにあまり良くないためです。
また通常、ハイパーヒーティングシステムを施工した床には暖かさを直接伝えるためフローリングはスラブ上に直接施工されますが、我が家はフローリングと床の間に12mmの合板を挿入してもらう予定です(すみませんマイナーな話題で、、、)。
下記は一般的なハイパーヒーティングシステムのイメージです。
b0088521_15563149.jpg


最近新築される家のかなりの割合に床暖房は採用されるようになってきました。
しかし大部分の床暖房システムはリビングやダイニング等の家全体の1部分しか施工されず、間歇暖房が前提で表面温度35度前後という高温タイプが殆どです。
これはホットカーペットと大差ありません。
表面温度が高いと瞬間的には暖かくて気持ちいい様に感じますが、長時間では逆にのぼせてきて不快になると思います。
床スラブの中に温水パイプを埋め込むハイパーヒーティングシステムは床表面温度は30度前後と聞いております。床暖房としてはほぼ理想的な温度でしょう。
しかし私は床温度をもっと低く、床暖房よりももっと自然な躯体輻射暖房という発想でフローリング下に床暖房の効率を悪化させる合板を挿入しました。建物の内部すべて同じ温度でどこに暖房があるか解らないというのが理想です。
この判断が凶とでるか吉とでるか完成後にその住み心地というレポートをアップしたいです。

ハイパーヒーティングシステム施工でちょっとした問題が発覚しております。
洗面所とユニットバスは2階に配置しておりその部分の床スラブは(配管を施工する関係上)250mm程下げて打たれています。(下写真の1段下がった部分)
b0088521_1120359.jpg
三和建設はその部分の温水管は床スラブに埋め込まずスラブ上をただはわすように施工しておりました。(左端に見えるのが温水管で埋設部漏れ確認用に短い仮バイパス管がつけられています)
私の考えは床暖房という発想よりむしろ躯体蓄熱を重視しているためこの部分の温水管もスラブ中に埋設していただきたかった。
その意向は三和建設に伝えてますが、今からいい方法があるでしょうか?
[PR]
by jojojojou | 2006-11-13 23:07 | 家のこだわり | Comments(0)
<< 熱橋発見! 施工現場見学者用準備? >>


検索
最新の記事
頑張ったオクラ隊
at 2018-10-16 22:47
玉子焼き(明石焼き)
at 2018-10-08 21:26
また台風が来る
at 2018-09-28 19:53
非常用トイレ
at 2018-09-15 09:08
観光地は遷ろう
at 2018-08-28 21:17
洗濯物用サーキュレーター買換え
at 2018-08-14 11:42
近所でプチリゾート
at 2018-08-06 22:20
台風の被害
at 2018-07-29 10:42
逆走する台風12号
at 2018-07-28 12:35
次は猛暑!!
at 2018-07-21 18:03
今度は凄い雨!
at 2018-07-06 17:49
コロンビアに勝った!
at 2018-06-20 22:57
震度にはムラがある
at 2018-06-18 09:19
梅雨入り前、滑り込み収穫
at 2018-06-06 00:41
剪定
at 2018-05-20 10:41
健康サイクリング、琵琶湖半周
at 2018-05-06 18:48
1ヶ月遅れのホワイトデー
at 2018-04-16 22:21
ここんとこ忙しい
at 2018-03-28 02:43
炊飯器考
at 2018-02-24 00:55
<温泉道> 鹿児島、霧島の湯..
at 2018-02-14 00:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析