RC 外断熱 住み心地レポート


一般庶民が建てるRC外断熱住宅
by jojojojou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
私はオークションサイトで..
by jojojojou at 13:37
フォグランプリレーは純正..
by g at 18:53
左右フォグランプ~バンパ..
by jojojojou at 09:46
純正スイッチがあれば差し..
by k at 20:13
そとかいめだかさん 私..
by jojojojou at 10:23
古い記事にコメントしちゃ..
by そとかいめだか at 21:34
そとかいめだか さん コ..
by jojojojou at 21:10
同じの持ってるのですがモ..
by そとかいめだか at 07:52
jojojojou様 ..
by FSH at 16:54
FSHさま すみません..
by jojojojou at 05:57
以前の記事
リンク集
ieLink(いえリンク) 
紹介してもらっております。

㈱三和建設
jojojojou邸を建設していただいているハウスメーカーです。

RC-Zでの家づくり
家づくりの参考にさせていただいています。

㈱三協 ECOPINE
お世話になっている太陽光発電専門店です。

RC-Z外断熱での住まいづくり
RC-Zの外断熱工法「本外断」でこだわりの家造りされているブログです。

フォーシーズンズ夙川
jojojojou邸の外構を依頼しております。

Progress プログレス 
キッチンなど設備機器の施主支給から取り付けまで請け負ってくれる頼れるお店です。

The WAY - 家を持つ。
木質系「外断熱」住宅の建築記録から住み心地、家族のふれあい、ガーデニングと充実されていてとても素晴らしいブログです。

RC外断熱の家づくり(建築家と一緒にね!)
本ブログによく来ていただいているポッキーさんのブログです。

部分発注でマイホーム
~目指せエコ住宅~

住宅の「エコ」関して正に宝庫といえる素晴らしいブログです。

1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?
蓄熱式基礎暖房!随所にこだわりのデザイン!素晴しく羨ましい家ブログです。
現在は県立地球防衛軍かっぱ部隊隊長で活躍されておられます。

東京で寒冷地仕様の家を建てる(Q値1=エアコン一台ハウスへの挑戦)

東京でQ1住宅にチャレンジされているtoshiohmさんのブログです。
私も導入を検討しているヒートポンプ蓄熱冷暖房を採用されています。
フォロー中のブログ

カテゴリ:エコヌクール( 30 )

真冬モードへ

第一級の寒波が南下しているとのこと。
寒い1日でした。
b0088521_2034645.jpg


日が出ているのに外気温は僅か5℃。
b0088521_20351095.jpg


日が落ちると外気温は2℃まで低下。
b0088521_20405612.jpg


今週1週間は真冬並みの気温が続くそうなのでエコヌクールの運転設定も深夜時間帯だけでなく、17時から23時まで「ひかえめ」の追加運転で真冬モードにしました。
[PR]
by jojojojou | 2012-12-09 20:36 | エコヌクール | Comments(0)

いいんじゃないですか、これ?

先々週から3階のエアコン冷房をタイマー付きリモコンで毎日深夜時間帯(PM23時~AM7時)稼動させ始め、
更に先週から2階床面のみならず1階床面にも冷水を供給しだしました。
妻からは「夜、外気温が26℃なのに設定温度26℃でエアコンを運転させる意味が何処にあるのか?」
と訝しがられていますが、
これがなかなか躯体冷却と相性がいいのであります。

というのも元々3階には躯体を冷やす術が無く躯体温度は為すがままの状態で30℃以上にもなってしまっておりました。
室温を下げるために外気を取り入れると確かに室温は下がりますが同時に大量の水蒸気も取り入れることになってしまい躯体冷却を施している1階2階床面に結露が発生する危険性が増します。

しかしエアコンによる冷却では室温を下げるだけではなく建物内の湿度も除去してくれるのでより躯体冷却の活動範囲を増やしてくれるという2倍おいしい結果になるのです。

b0088521_8594029.jpg
[PR]
by jojojojou | 2012-07-28 08:59 | エコヌクール | Comments(17)

ピークシフト協力終了、春モードへ

最近暖かくなってきて電力需給バランスも差ほど逼迫しなくなってきたのでうちの蓄熱式床暖房の運転時間を夕刻の運転に変更しました。

現状の暖房運転設定は

23:00 ~ 07:00 8時間通常運転 + 18:00 ~ 23:00 5時間ひかえめ運転

です。

b0088521_1230493.jpg

ここで5時間の追加運転を止め、深夜時間帯のみの運転に一気に戻したいところですが、
再び強力な寒波がやって来るかもしれませんのでここはグッと我慢です。
(昨年はそれで失敗しました。)

それに運転時間を長めにして室温センサーを利かせがってに使った方が居住性はずっと良いのです。
莫大な室内熱容量のお陰でオーバーヒートは未だかって経験してません。

 <関連記事>
 エコヌクールピコ50とこの家とのマッチング (2011/02/26)
[PR]
by jojojojou | 2012-02-27 12:30 | エコヌクール | Comments(0)

温水設定40℃はどうか?

前回ヒートポンプ温水床暖房システム「エコキュート」の供給温水の設定温度を50℃にした時と45℃にした時を比較検証しましたが、結果は意外にも45℃設定にした時の方が供給温水の温度が高い場合が出るなどヒートポンプ特有の設定温度が低いほど出力が増す(摩訶不思議な)特性が見られました。

そこで更に設定温度を下げるとどうなるか試してみたくなり温水設定を40℃でデータをとってみました。

結果は以下です。
このデータを採った時から昼間5時間(12時から17時)の追加運転を開始しています。

b0088521_745899.jpg
今回は40℃に設定した前半と45℃に設定した後半で供給温水温度が逆転する現象は見られませんでした。
躯体に供給された暖房出力は明らかに45℃設定の時の方が勝っています。

それでは設定温度が低いほど効率が増すヒートポンプの特性はどこに消えたのでしょうか??

答えはエコヌクールのリモコンの出力表示にありました。

b0088521_854724.jpg

45℃設定の時、エコヌクールの出力は常に90~100%と高い値を表示していましたが、
40℃設定では(左の写真)殆ど50~60%の低い負荷で運転されていました。

うちの躯体の暖房出力を吸収できる容量は温水45℃設定時が最高のようで、、
極寒期などより暖房熱量が必要なときは45℃設定が良さそうです。
[PR]
by jojojojou | 2012-01-02 08:09 | エコヌクール | Comments(12)

エコヌクールの温水設定温度は45℃か50℃か?

「温水設定は高い方が良いのか、低い方が良いのか、、、?」

エコヌクールを昨年使ってみて漠然と疑問を持ちました。

ヒートポンプの性質上設定温度が低い方が高効率になるため消費電力が少なくて済みますが、
うちの場合極寒時熱量がショート気味になる為、多少効率が悪くてもより高温の温水で建物内に熱量を入れたいところです。

そこでエコヌクールの温水設定温度を45℃と50℃の2パターンでどう違うか計測してみました。
センサーを取り付けたのはエコヌクールで造った温水を2階床に供給する配管(下写真)です。
b0088521_20515741.jpg

そして今回はよりきめ細かくエコヌクールの動作を捉えるためにサンプリング間隔を1分ました。
結果は以下です。
まずは温水設定を50℃にした時です。
b0088521_19444289.jpg
エコヌクールの運転は基本的に深夜時間帯(23時~7時)のみですが、室温感知による自動運転をしている為室温が高かった初冬は運転が自動的に省略されている期間もあります。
また外気温が高い時には温水は設定温度の50℃近くで安定的に供給されていますが、
外気温が低い時は途中霜取り運転に入り十分に温水温度が上がりきりません。
(温水温度が上下する為塗りつぶしたようなグラフになっている所がそうです)

次に温水設定温度が45℃の時の計測結果です。
b0088521_20105289.jpg
当然ながら温度設定が45℃の為、外気温が高い時にも宅内に供給される温水温度は45℃以上には上がりません。
この点は設定50℃に大きく見劣りします。
しかし外気温が8℃以下では50℃設定は絶え間なく霜取り動作を繰返していましたが、45℃設定では霜取り動作に入らず間隔を延ばしている期間が散見されます(赤矢印)。
運転負荷がより低い為、霜の付き方が緩やかなのかもしれません。

そして両者のグラフの外気温が大体同じ傾向の運転期間(黄色楕円部分)を取り出し比較したグラフが以下です。
b0088521_20163919.jpg
驚いたことに設定温度が高いはずの50℃設定の方が実際に供給される温水温度が低い結果になっています。

「あまのじゃく、、。」

ヒートポンプは不思議な機械だ。
[PR]
by jojojojou | 2011-12-19 19:58 | エコヌクール | Comments(4)

エコヌクール 2年目の冬

天気予報によりますと今週一週間は季節がバックしたかのような暖かな日が続くそうですが、
昨年の記録では丁度今ぐらいに床暖房をスタンバイさせていたので今年もそれにならって設定します。
b0088521_14325177.jpg

1階と2階それぞれに設置している室温センサーの設定をS (summer)から W (winter)に切り替え室温を22℃にセット。

b0088521_14375024.jpg

タイマー運転にしてとりあえず45℃温水で深夜時間帯のみの運転にセット。

11月、12月は冷え込む日もそれ程多くなくこれで乗り切れる算段です。


しかし年明けからは熱量収支がぎりぎりになってエコヌクールの運転時間を大幅に伸ばさないといけないでしょう。

今年は窓にぷちぷちの断熱シートを貼ってみようかな~?
[PR]
by jojojojou | 2011-10-31 14:53 | エコヌクール | Comments(6)

躯体冷却のまとめ その2

前回は効力についてでした。
今回はランニングコストと全体の省エネ効果についてです。
b0088521_154429.jpg

エコヌクールリモコンには運転で掛かる電気料金を積算する機能があり、
それによりますと6月11日から91日間の躯体冷却運転で通算2,000円というランニングコストでした。

熱交換的には低負荷のトロトロ運転なんでしょうが、常に循環水ポンプがフル稼働していますので思ったよりは高いような気がします。

次に家全体の消費電力及び太陽光売電の去年との比較が以下です。

9月分 (2010年⇒2011年※)
デイタイム(夏季)  20 kWh ⇒ 23 kWh (△15%)
リビングタイム 293 kWh ⇒ 244 kWh (▼17%)
ナイトタイム  382 kWh ⇒ 356 kWh (▼7%)
太陽光売電  208 kWh ⇒ 248 kWh (△19%)

(※:2010年9月分は8月4日から9月2日までの30日間、
2011年9月分は8月3日から9月4日までの33日間の請求だったため
上の2011年9月の消費量は30/33を掛けて補正した値になっています。)

深夜電力消費が下がったのは就寝中にエアコンを稼動させなかったからでしょうか?
全体的に前回と同じ大体20%弱の節電効果がありました。

うちの家の断熱性能はQ値1.75と中途半端なため冷房を体感できるほどの効果はありませんでしたが、Q1ぐらいの性能でさらに各階の天井面を冷やせたらかなり有効な冷房システムになるのでは?と思います。
何方かチャレンジしてみてください(結果の責任は取りかねますけど)。

(9/23追記) 電気料金明細よりも消費電力が解る履歴がありました。
太陽光発電装置の表示パネルです。
その履歴データによりますと、、

 総消費電力量 (2010年⇒2011年)
6月 711 kWh ⇒ 648 kWh (▼9%)
7月 974 kWh ⇒ 773 kWh (▼21%)
8月 1,055 kWh ⇒ 768 kWh (▼27%)

 余剰電力売電量 (2010年⇒2011年)
6月 275 kWh ⇒ 264 kWh (▼4%)
7月 210 kWh ⇒ 271 kWh (△29%)
8月 220 kWh ⇒ 267 kWh (△21%)

総じて20~30%の省エネ効果があったことが判ります。
通常は夏は遊んでいる床暖房用熱源エコヌクールの有効活用としては十分な働きだと思えます。

 <関連記事>
  躯体冷房は効果があった。 (2011/08/05)
[PR]
by jojojojou | 2011-09-15 15:31 | エコヌクール | Comments(4)

躯体冷却のまとめ その1

9月の半ばになっても依然残暑が厳しい日が続いておりますが、
エコヌクールを使っての躯体冷却運転は温湿度を計測しているデーターロガーのメモリーが満タンになったこともあり、先週の土曜日(9月10日)で停止させました。
計測結果は以下のようになりました。
b0088521_2343587.jpg
データロガーの分解能が0.5℃と荒く非常に見難いグラフになっていますが、、
赤系のラインが2階リビング、青系のラインが1階主寝室で、それぞれ濃い線が室温、薄い線が床表面温度です。
躯体冷却の要領は全期間2階の床面のみに毎日深夜時間帯8時間エコヌクールで作った設定温度23℃の冷水を流し冷却していました。
その効果でグラフ上2階リビングの床温度は常に室温より2~3℃低い温度で推移しています。
対して1階の床温度は初夏の時点ではより多い熱容量と生活熱や日射の影響が少ないことが幸いして低い温度が維持できていますが、それもお盆の頃には使い切り以後は1階2階室温と同調してしまっています。
お盆以降には1階床面にも冷水を供給しても良かったかもしれません。
さて肝心の冷却効果ですが、躯体冷却のみでは空調としてまったく力不足です。
グラフ中8月10日から14日まで帰省で家を空け躯体冷却のみの状態だったのですが、すべての温度がジワジワ上がり冷やす能力はあまり無いことが解ります。
しかし昨年は頻繁に1階主寝室の冷房も稼動させていたのが今年はゼロだったことから少しは冷房の補助にはなっていたのかもしれません。
また床面を冷やすことで懸念された室内結露ですが、それに関してはまったくの杞憂でした。
以下は2階リビングの露点温度と床表面温度のグラフです。
b0088521_0202769.jpg

全期間に渡り床温度が露点温度を下回ることはありませんでした。
これ以上の効果を求め更に冷水温度を下げるためには常時除湿等で露点温度も引き下げる必要があり、
ランニングコスト的には今の要領が最良かと思われます。
しかし我が家の性能(Q値1.75)ではこのなんとも微妙な結果で限界です。(残念)
[PR]
by jojojojou | 2011-09-13 23:47 | エコヌクール | Comments(4)

床冷房の可能性

大手ビルダーの一条工務店が床冷房の商品化を研究しているそうです。
以前「おくさん」からその存在を教えていただき気になっていたのですが、
鵜野日出男さんという高性能住宅の分野で著名な方がブログにその体験を書かれていましたので
思わず見入ってしまいました。

鵜野日出男の今週の本音2011 「一条の床冷房体験記  ベストではないがベター (上)

鵜野さんがブログ中に書かれておられるように冷房として入力できる床表面温度は23~24℃までが限界なようで、、
(私も自宅で床温度を24℃を体験しましたが裸足で長時間は不快でした。)
その限られた熱量で室内を快適な温度を維持させるにはかなり高次元な気密断熱性能が不可欠と思われます。
(一条のモデルハウスのQ値は0.7~0.8)
外断熱RCでこのQ値を確保するにはかなり困難なことじゃないでしょうか?
(うちは1.75で話にもなりません)

残念ながらこの一条のシステムは蓄熱層を持たずRCスラブ床面のように熱効率が良い夜間に蓄冷させる運転ができないようで、
その点ではRCに組み込む方が理に適っているんですが、、、。

また独り占めせず長府製の熱源にヒートポンプを利用した調湿できる換気装置はぜひ一般にも売り出してもらいたいものです。
[PR]
by jojojojou | 2011-08-17 20:46 | エコヌクール | Comments(21)

顕著な効果は無い躯体冷房

2階の床面には6月12日から段階的に時間を延ばして、
1階の床面には7月2日の深夜からエコヌクールで冷水を供給しています。
確かに各階の床表面温度は冷水供給前後で約3℃程低下しており躯体の冷却には成功しているようです。
しかし問題は躯体の温度低下が室温にまったく影響を及ぼしていないということです。
b0088521_0565999.jpg

[PR]
by jojojojou | 2011-07-09 23:50 | エコヌクール | Comments(8)


検索
最新の記事
クリスマスイルミネーション ..
at 2018-11-20 14:33
昨日今シーズン初めて2階に床..
at 2018-11-17 09:24
もう11月
at 2018-11-02 22:59
ちょっと優しい中国
at 2018-10-29 21:06
今年も早めに暖房スタンバイ
at 2018-10-27 11:15
頑張ったオクラ隊
at 2018-10-16 22:47
玉子焼き(明石焼き)
at 2018-10-08 21:26
また台風が来る
at 2018-09-28 19:53
非常用トイレ
at 2018-09-15 09:08
観光地は遷ろう
at 2018-08-28 21:17
洗濯物用サーキュレーター買換え
at 2018-08-14 11:42
近所でプチリゾート
at 2018-08-06 22:20
台風の被害
at 2018-07-29 10:42
逆走する台風12号
at 2018-07-28 12:35
次は猛暑!!
at 2018-07-21 18:03
今度は凄い雨!
at 2018-07-06 17:49
コロンビアに勝った!
at 2018-06-20 22:57
震度にはムラがある
at 2018-06-18 09:19
梅雨入り前、滑り込み収穫
at 2018-06-06 00:41
剪定
at 2018-05-20 10:41
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析